LAST,LASTB

Section: Linux System Administrator's Manual (1)
Updated: Jul 29, 1999
Index JM Home Page roff page
 

名前

last, lastb - 最近ログインしたユーザのリストを表示する  

書式

last [-R] [-num] [ -n num ] [-adiox] [ -f file ] [name...] [tty...]
lastb [-R] [-num] [ -n num ] [ -f file ] [-adiox] [name...] [tty...]  

説明

last/var/log/wtmpファイル(もしくは-fオプションを用いて 指定したファイル)を時間の流れとは逆方向に検索して行き、 そのファイルが作られて以来ログイン(及びログアウト)した全ての ユーザのリストを表示する。 ユーザ名及びttyの名前を引数として与える事もできる。 その場合は引数と一致したエントリーのみを表示する。 ttyの名前は簡略化する事が出来る。 例えば、last 0last tty0とするのと同じである。

lastSIGINTシグナル(インタラプト・キー(通常はcontrol-C)を押すと発生する) もしくは SIGQUITシグナル(quitキー(通常はcontrol-\)を押すと発生する) を受け取ると、 いつの分まで検索したかを表示し、 SIGINTシグナルの場合はプログラムを終了する。

システムをリブートすると、 疑似的なユーザrebootがログインしたものとして /var/log/wtmpファイルに記録が残される。 従って、last rebootとすると、ログファイル生成以後全ての リブートのログが表示される。

lastb は、デフォルトでは不正なログインを記録する /var/log/btmpファイルのログを表示するということ以外は lastと同じである。  

オプション

-num
lastに何行表示させるか指定する。
-n num
同上。
-R
hostnameフィールドを表示しない。
-a
ホスト名を最後の欄に表示する。 次のオプションと組み合わせて用いると便利。
-d
ローカルからのログインでない場合は、Linuxはリモートホストの名前だけでなく、 その IP アドレスも記録している。 このオプションを用いた場合は、その IP アドレスをホスト名に変換し直して表示する。
-i
このオプションは-dと同様にリモートホストの IP アドレスを表示するが、 アドレスを 数字と `.' を使った形式で表示する。
-o
(linux-libc5 アプリケーションが作成した)古い形の wtmp ファイルを読み込む。
-x
システムのシャットダウン及びランレベル変更の記録も表示する。
 

注意

wtmp及びbtmpファイルが存在しない可能性もある。 システムは これらのファイルが存在する場合のみ情報を書き留める。 上記のファイルが存在するか否かは各サイトの設定の問題である。 これらのファイルを使いたい場合は、touch(1) コマンドを使って簡単に 作る事が出来る(例えば、touch /var/log/wtmp) 。  

ファイル

/var/log/wtmp
/var/log/btmp  

著者

Miquel van Smoorenburg, miquels@cistron.nl  

関連項目

shutdown(8), login(1), init(8)


 

Index

名前
書式
説明
オプション
注意
ファイル
著者
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:29 GMT, March 14, 2017