TERMIO

Section: Linux Programmer's Manual (7)
Updated: 2013-02-12
Index JM Home Page roff page
 

名前

termio - System V 端末ドライバインターフェース  

説明

termio は、古い System V 端末ドライバインターフェースの名前である。 このインターフェースは、 端末設定を保持するための termio 構造体、および端末属性を取得・変更するための種々の ioctl(2) 操作を定義していた。

termio インターフェースは現在では時代遅れである。 POSIX.1-1990 で、このインターフェースの修正版が termios という名前で標準化された。 POSIX.1 のデータ構造は System V 版と少し違いがある。 また、POSIX.1 は System V 版で存在した種々の ioctl(2) 操作を置き換える関数群を定義した (このようになったのは、 ioctl(2) が標準化されていなかったことと、 ioctl(2) の第三引き数が可変長引き数で型チェックができなかったのが理由である)。

"termio" という man page を探しているのであれば、 探している情報のほとんどは termios(3) か tty_ioctl(4) のどちらかで見つかることだろう。  

関連項目

reset(1), setterm(1), stty(1), termios(3), tty(4), tty_ioctl(4)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
説明
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:27 GMT, March 14, 2018