DDP

Section: Linux Programmer's Manual (7)
Updated: 2008-11-20
Index JM Home Page roff page
 

名前

ddp - Linux での AppleTalk プロトコルの実装  

書式

#include <sys/socket.h>
#include <netatalk/at.h>

ddp_socket = socket(AF_APPLETALK, SOCK_DGRAM, 0);
raw_socket = socket(AF_APPLETALK, SOCK_RAW, protocol);  

説明

Linux は Inside AppleTalk に記述されている AppleTalk プロトコルを実装している。 カーネルにあるのは DDP 層と AARP だけである。これらは netatalk プロトコルライブラリを通して利用されるように設計されている。 このページは DDP 層を直接利用したいユーザーのために、 インターフェースを記述したものである。

AppleTalk とユーザープログラムとの通信には、 BSD 互換のソケットインターフェースを利用する。 ソケットに関するより詳しい情報は socket(7) を見よ。

AppleTalk ソケットは、 ソケットファミリーの引数に AF_APPLETALK を指定して socket(2) 関数を呼び出すことによって生成される。指定できるソケットタイプは、 ddp ソケットをオープンする場合には SOCK_DGRAMraw ソケットをオープンする場合には SOCK_RAW である。 protocol は送受信される AppleTalk プロトコルである。 ソケットタイプに SOCK_RAW を指定した場合は、プロトコルに ATPROTO_DDP を指定しなければならない。

raw ソケットは実効ユーザー ID が 0 のプロセスか、 CAT_NEW_RAW 権限を持ったプロセスでないとオープンできない。  

アドレスのフォーマット

AppleTalk ソケットアドレスはネットワーク番号、 ノード番号、 ポート番号の組み合わせで定義される。

struct at_addr {
    unsigned short s_net;
    unsigned char  s_node;
};

struct sockaddr_atalk {
    sa_family_t    sat_family;    /* address family */
    unsigned char  sat_port;      /* port */
    struct at_addr sat_addr;      /* net/node */
};

sat_family は常に AF_APPLETALK に設定する。 sat_port はポートを与える。ポート番号が 129 以下のポートは 「予約ポート (reserved port)」 と呼ばれる。実効ユーザー ID が 0 のプロセスか、 CAP_NET_BIND_SERVICE 権限を持つプロセスだけが、このようなソケットを bind(2) できる。 sat_addr はホストアドレスである。 struct at_addr のメンバー s_net にはホストのネットワークをネットワークバイトオーダーで与える。値 AT_ANYNET はワイルドカードで、「このネットワーク」も暗黙のうちに含まれる。 struct at_addr のメンバー s_node にはホストのノード番号を与える。値 AT_ANYNODE はワイルドカードで、「このノード」も暗黙のうちに含まれる。値 ATADDR_BCAST はローカルなブロードキャストアドレスである。  

ソケットオプション

プロトコル固有のソケットオプションはない。  

/proc インターフェース

Appletalk のグローバルパラメーターのいくつかは、 /proc インターフェースを通して設定することができる。 これらのパラメーターには、 /proc/sys/net/atalk/ ディレクトリ内のファイルの読み書きでアクセスできる。
aarp-expiry-time
AARP キャッシュエントリーを破棄するまでのタイムインターバル (秒単位)。
aarp-resolve-time
AARP キャッシュエントリーが解決されるまでのタイムインターバル (秒単位)。
aarp-retransmit-limit
AARP クエリーの最大再送信回数。この回数を越えると、 そのノードは dead であるとみなされる。
aarp-tick-time
タイマー動作する AARP のタイマーレート (秒単位)

デフォルトの値で仕様にマッチしているので、 変更する必要は全くないはずである。  

ioctl

socket(7) に記述されているすべての ioctl が DDP にも適用される。  

エラー

EACCES
ユーザーが行おうとした操作に必要な権限を持っていない。 broadcast フラグをセットせずにブロードキャストアドレスへ送信を行おうとした、 実効ユーザー ID が 0 でなく、 CAP_NET_BIND_SERVICE 権限のないプロセスで特権ポートをバインドしようとした、などが考えられる。
EADDRINUSE
既に使用されているアドレスにバインドしようとした。
EADDRNOTAVAIL
存在しないインターフェースが要求された。または 要求されたソースアドレスがローカルでない。
EAGAIN
非ブロッキングソケットに対してブロックする操作を行った。
EALREADY
非ブロッキングソケットに対する接続操作が既に実行中である。
ECONNABORTED
accept(2) の途中で接続がクローズされた。
EHOSTUNREACH
行き先アドレスにマッチするエントリーがルーティングテーブルにない。
EINVAL
渡した引数が不正。
EISCONN
接続済みのソケットに対して connect(2) が呼ばれた。
EMSGSIZE
データグラムが DDP MTU より大きい。
ENODEV
ネットワークデバイスがない。あるいは IP を送ることができない。
ENOENT
パケットが到着していないソケットに対して SIOCGSTAMP が呼ばれた。
ENOMEMENOBUFS
メモリーが足りない。
ENOPKG
カーネルサブシステムが設定されていない。
ENOPROTOOPTEOPNOTSUPP
無効なソケットオプションが渡された。
ENOTCONN
接続されていないソケットに対して、 接続状態でしか定義されていない操作を行おうとした。
EPERM
高い優先度に設定したり、設定を変更したり、 指定したプロセスやグループにシグナルを送るのに必要な権限を ユーザーが持っていない。
EPIPE
接続が接続相手によって、予期しないやり方でクローズまたはシャットダウンされた。
ESOCKTNOSUPPORT
ソケットが設定されていない。または未知のソケットタイプが要求された。
 

バージョン

AppleTalk は Linux 2.0 以降でサポートされている。 /proc インターフェースは Linux 2.2 以降に存在する。  

注意

SO_BROADCAST オプションを用いる時には慎重の上にも慎重になってほしい。 Linux ではこれに特権を必要としない。 不注意にブロードキャストアドレスに送信を行うと、 ネットワークの状態が簡単に変更されてしまう。  

移植性

基本的な Appletalk ソケットインターフェースは BSD 由来のシステムにおける netatalk と互換性がある。多くの BSD システムでは、 ブロードキャストフレームを送信しようとしたときの SO_BROADCAST のチェックに失敗する。これは互換性の問題となるかもしれない。

raw ソケットモードは Linux 独特のもので、もう一方の実装である CAP パッケージや、 Appletalk モニタツールをより簡単に実装できるようになる。  

バグ

エラーの値がまったく首尾一貫していない。

ルーティングテーブル、 デバイス、 AARP テーブル、 その他のデバイスを設定するために用いられる ioctl がまだ記述されていない。  

関連項目

recvmsg(2), sendmsg(2), capabilities(7), socket(7)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
アドレスのフォーマット
ソケットオプション
/proc インターフェース
ioctl
エラー
バージョン
注意
移植性
バグ
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:22 GMT, March 14, 2018