TZFILE

Section: Linux Programmer's Manual (5)
Updated: 2012-05-04
Index JM Home Page roff page
 

名前

tzfile - タイムゾーンの情報  

説明

このページは、 tzset(3) で使用されるタイムゾーンファイルの構造に ついて説明したものである。通常、これらのファイルは ディレクトリ /usr/lib/zoneinfo/usr/share/zoneinfo の どちらかに置かれている。

タイムゾーン情報ファイルは、タイムゾーン情報ファイルであることを識別 するための magic 文字列 "TZif" で始まり、 ファイルフォーマットのバージョンを示す文字 (2005 年時点では ASCII NUL ('\0') か '2' のいずれか)、 将来のための 15 バイトの予約領域 (値は 0) が続き、 long 型の 4 バイトの値が 6 個続く。 この値は「標準」バイトオーダー (高位バイトが先に書かれる) で記述される。 これらの値は、順に以下のようなものである。

tzh_ttisgmtcnt
ファイルに記述されている UTC/local インジケータ (indicator) の個数。
tzh_ttisstdcnt
ファイルに記述されている standard/wall インジケータの個数。
tzh_leapcnt
ファイルに記述されている閏秒データの個数。
tzh_timecnt
ファイルに記述されている「遷移時間 (transition time)」データの個数。
tzh_typecnt
ファイルに記述されている「ローカル時間種別 (local time types)」データの個数 (0 であってはいけない)。
tzh_charcnt
ファイルに記述されている「タイムゾーン略式文字列 (timezone abbreviation string)」の個数。

上記のヘッダーに続いて、4 バイトの long 型の値が tzh_timecnt 個続く。 これらは昇順で格納される。それぞれの値は「標準」バイトオーダーで記述されている。 それぞれは遷移時間 (time(2) が返す値) として用いられ、 遷移時間に応じてローカル時間の計算ルールが変化する。 次に、unsigned char 型の 1 バイトの値が tzh_timecnt 個続く。 この値は、それぞれの遷移時間に、ファイル中に記載されている「ローカル時間」種別 のどれが関連づけられているかを示す。 これらの値は、(ファイル中でこの情報のすぐ後ろに置かれている) ttinifo 構造体 の配列 (要素数は tzh_typecnt) に対するインデックスとして機能する。 この構造体は以下のように定義されている:

struct ttinfo {
    long         tt_gmtoff;
    int          tt_isdst;
    unsigned int tt_abbrind;
};

それぞれの構造体は、 4 バイトの long 型の値 tt_gmtoff、 1 バイトの値 tt_isdst, 1 バイトの値 tt_abbrind から構成される。 それぞれの構造体において、 tt_gmtoff は UTC に加えるべき秒数を与え、 tt_isdsttm_isdstlocaltime(3) にセットすべきかどうかを示し、 tt_abbrind はファイル中で ttinfo 構造体 (配列) のあとに置かれる タイムゾーン略式文字列の配列に対するインデックスである。

次には 4 バイト値のペアが tzh_leapcnt 個続く。 標準バイトオーダーで記述される。 各ペアの最初の値は ( time(2) の返す形式で) 閏秒が起きる時刻を指定し、 二番目の値はその時刻に加えるべき閏秒数の秒数を指定する。 これらのペアは時刻の古い順に記述する。

次には standard/wall インジケータが tzh_ttisstdcnt 個置かれる。 standard/wall インジケータはそれぞれ 1 バイトの値として格納される。 これらは、ローカル時間種別に関連付けられた遷移時間が、標準時刻 (standard time) と壁時計時刻 (wall clock time) のどちらで指定されているかを示す。 また、この値は、 POSIX 形式のタイムゾーン環境変数の処理において タイムゾーンファイルが使われる際にも利用される。

最後に UTC/local インジケータが tzh_ttisgmtcnt 個置かれる。 UTC/local インジケータはそれぞれ 1 バイトの値として格納される。 これらは、ローカル時間種別に関連付けられた遷移時間が UTC とローカル時刻の どちらで指定されているかを示す。 また、この値は、 POSIX 形式のタイムゾーン環境変数の処理において タイムゾーンファイルが使われる際にも利用される。

localtime(3) は、 tzh_timeout が 0 であるか time 引数がファイルに記録され ていた最初の遷移時刻 よりも小さい場合には、 ファイルに最初に現れる標準時刻の ttinfo 構造体を使う (または標準時刻の構造体がない場合は、単に最初の ttinfo 構造体を使う)。

バージョン 2 形式のタイムゾーンファイルでは、上記のヘッダーとデータの後に、 第 2 のヘッダーとデータが続く。形式は上記のヘッダーとデータと同じで、 遷移時間や閏秒の時刻に 8 バイトが使用される点だけが異なる。 第 2 のヘッダーとデータの後ろには改行で囲まれた POSIX の TZ 環境変数形式 の文字列が置かれ、この文字列はファイル内の最後の遷移時間の後で時刻を 処理する際に使用される (このような POSIX 表現が置かれない場合、改行の間には何も置かれない)。  

関連項目

ctime(3), tzset(3), tzselect(8),

glibc ソースコードの timezone/tzfile.h  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
説明
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:27 GMT, March 14, 2018