WCSTOK

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2013-11-18
Index JM Home Page roff page
 

名前

wcstok - ワイド文字文字列をトークンに分割する  

書式

#include <wchar.h>

wchar_t *wcstok(wchar_t *wcs, const wchar_t *delim, wchar_t **ptr);
 

説明

wcstok() 関数は、 strtok(3) 関数に対応するワイド文字関数に、 マルチスレッドセーフの動作をさせるための引き数を追加したものである。 この関数を用いて、ワイド文字文字列 wcs をトークンに分解すること ができる。ここで、トークンは delim に列挙されている文字を含まな い部分文字列として定義される。

検索は wcs が NULL でなければ wcs から開始され、wcs が NULL ならば *ptr から開始される。まず、全ての区切りワイド文字 がスキップされる。つまり、delim に含まれるワイド文字を超えるよう にポインターが前に進められる。 ワイド文字文字列の終わりに達したら、 wcstok() は NULL を返して トークンが全く見つからなかったことを示し、この後に wcstok() を呼び 出しても NULL が返されるように *ptr に適切な値を設定する。それ 以外の場合には、 wcstok() 関数はトークンの先頭を識別し、これを指す ポインターを返す。ただしこれを行う前に、トークンの後にある、delim に含まれている文字をヌルワイド文字 (L'\0') に置き換えること によってトークンを 0 で終端させる。さらに *ptr を更新し、後で wcstok() を呼び出した 際に、識別されたトークンの続きから検索できるようにする。  

返り値

wcstok() 関数は次のトークンへのポインターを返す。トークンが見つから なければ NULL を返す。  

属性

 

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

関数 wcstok() はスレッドセーフである。  

準拠

C99.  

注意

関数に与えたワイド文字列 wcs は、関数の動作によって完全に書き換 えられる。  

以下のコードは、ワイド文字文字列に含まれるトークンを取り出しながら ループする。

wchar_t *wcs = ...;
wchar_t *token;
wchar_t *state;
for (token = wcstok(wcs, " \t\n", &state);
    token != NULL;
    token = wcstok(NULL, " \t\n", &state)) {
    ...
}
 

関連項目

strtok(3), wcschr(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
属性
マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:28 GMT, March 14, 2018