WCSNCPY

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2013-11-25
Index JM Home Page roff page
 

名前

wcsncpy - 固定長のワイド文字文字列をコピーする  

書式

#include <wchar.h>

wchar_t *wcsncpy(wchar_t *dest, const wchar_t *src, size_t n);
 

説明

wcsncpy() 関数は、 strncpy(3) 関数に対応するワイド文字関数である。 この関数は src が指すワイド文字文字列から、 終端のヌルワイド文字 (L'\0') を 含めて最大 n 個のワイド文字を、dest が指す配列にコピーする。 ちょうど n 個のワイド文字が dest に書き込まれる。 wcslen(src) の長さが n より小さければ、dest が指す 配列の残りのワイド文字の部分は ヌルワイド文字で埋められる。 wcslen(src) の長さが n 以上ならば、dest が指す文字列 がヌルワイド文字で終端されることはない。

これらの文字列は重なっていてはならない。

プログラマは、少なくとも n 個のワイド文字が入る領域を dest に確保しなければならない。  

返り値

wcsncpy() は dest を返す。  

属性

 

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

関数 wcsncpy() はスレッドセーフである。  

準拠

C99.  

関連項目

strncpy(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
属性
マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)
準拠
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:28 GMT, March 14, 2018