TTYNAME

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2013-06-21
Index JM Home Page roff page
 

名前

ttyname, ttyname_r - 端末名を返す  

書式

#include <unistd.h>

char *ttyname(int fd);

int ttyname_r(int fd, char *buf, size_t buflen);
 

説明

ttyname() 関数は、ファイルディスクリプター fd がオープンしている端末デバイスの NULL 終端されたパス名へのポインターを返す。 エラーが起きたならば NULL を返す (たとえば、fd が端末を参照していないとき)。 返り値は静的データを指しているので、次の呼び出しで上書きされる可能性がある。 ttyname_r() 関数は、このパス名を長さ buflen のバッファー buf に格納する。  

返り値

ttyname() 関数は、成功時はパス名へのポインターを返す。 エラー時は NULL を返し、 errno が適切に設定される。 ttyname_r() 関数は、成功時には 0 を返し、エラー時にはエラー番号を返す。  

エラー

EBADF
ファイルディスクリプターが不正。
ENOTTY
ファイルディスクリプターが端末デバイスを示していない。
ERANGE
(ttyname_r()) buflen がパス名を格納するには短すぎる。
 

属性

 

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

ttyname() 関数はスレッドセーフではない。

ttyname_r() 関数はスレッドセーフである。  

準拠

4.2BSD, POSIX.1-2001.  

関連項目

fstat(2), ctermid(3), isatty(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
属性
マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)
準拠
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:27 GMT, March 14, 2018