TSEARCH

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2014-05-28
Index JM Home Page roff page
 

名前

tsearch, tfind, tdelete, twalk, tdestroy - 二分木 (binary tree) の操作  

書式

#include <search.h>

void *tsearch(const void *key, void **rootp,
                int (*compar)(const void *, const void *));

void *tfind(const void *key, void *const *rootp,
                int (*compar)(const void *, const void *));

void *tdelete(const void *key, void **rootp,
                int (*compar)(const void *, const void *));

void twalk(const void *root, void (*action)(const void *nodep,
                                   const VISIT which,
                                   const int depth));

#define _GNU_SOURCE         /* feature_test_macros(7) 参照 */

#include <search.h> void tdestroy(void *root, void (*free_node)(void *nodep));
 

説明

tsearch(), tfind(), twalk(), tdelete() は 二分木を操作する関数である。 これらの関数は Knuth (6.2.2) Algorithm T に基づいている。 木構造における各ノードの最初のフィールドは、対応するデータ アイテムへのポインターである。 (参照先のデータは、呼び出しプログラムで用意する。) compar は比較ルーチンへのポインターである。 比較ルーチンは、アイテムへのポインター 2 つを引き数に持つ。 比較ルーチンの返り値は、1 つ目のアイテムが 2 つ目のアイテムよりも 「小さい、等しい、大きい」によって、 「負、0、正」の整数値でなければならない。

tsearch() は、木構造からアイテムを検索する関数である。 key は、検索するアイテムへのポインターである。 rootp は木構造の根へのポインターへのポインターである。 木構造がノードを含まない場合、rootp の参照している変数は NULL に設定されていなければならない。 木構造にアイテムが見つかった場合、 tsearch() はそのアイテムへのポインターを返す。 見つからなかった場合は、アイテムを木構造に追加し、 追加したアイテムへのポインターを返す。

tfind() は、 tsearch() に似ているが、 アイテムが見つからなかった場合 NULL を返す点が異なる。

tdelete() は木構造からアイテムを削除する。 引き数は tsearch() と同じである。

twalk() は、二分木を深さ優先 (depth-first) で、 左から右にたどっていく関数である。 root は起点となるノードへのポインターである。 root に根以外のノードを指定すると、部分木が対象となる。 twalk() は、ノードを訪れる度にユーザー関数 action を呼び出す (内部ノードに対しては 3 回、葉に対しては 1 回呼び出しが行われる)。 action には以下の順に 3 つの引き数が与えられる。 最初の引き数は訪れたノードへのポインターである。 ノードの構造体は規定されていないが、 ポインターを要素へのポインターのポインターにキャストし、 ノードに格納された要素にアクセスすることができる。 アプリケーションは、この引き数が指す構造体を変更してはならない。 2 番目の引き数には、内部ノードの場合は訪問回数に応じて preorder, postorder, endorder のいずれかの整数が、 葉を最初に訪れた場合は leaf の値が渡される (これらのシンボルは <search.h> で定義されている)。 3 番目の引き数はノードの深さで、根の場合は深さ 0 である。

(より一般的には、preorder, postorder, endorderpreorder, inorder, postorder として知られている: それぞれ、子要素を辿る前・最初の子要素を辿った後かつ 2 番目の子要素を辿る前・ 子要素を辿った後ということを表している。 よって postorder という名前を選ぶのは少し紛らわしい。)

tdestroy() は root が指す木構造全体を削除し、 tsearch() 関数で確保されたリソースを全て解放する。 木構造の各ノードについて、関数 free_node が呼び出される。 データへのポインターがこの関数の引き数として渡される。 そのような動作が必要でなければ、 free_node は何もしない関数へのポインターでなければならない。  

返り値

tsearch() は、木構造に見つかったアイテムか、 新しく追加したアイテムへのポインターを返す。 メモリーの不足のためアイテムを追加できなかった場合は NULL を返す。 tfind() は、アイテムへのポインターを返す。 一致するアイテムが見つからない場合は NULL を返す。 検索条件に一致する要素が複数ある場合、返される値は不定である。

tdelete() は削除したアイテムの親へのポインターを返す。 アイテムが見つからなかった場合は NULL を返す。

rootp が NULL の場合、 tsearch(), tfind(), tdelete() は NULL を返す。  

準拠

SVr4, POSIX.1-2001. 関数 tdestroy() は GNU の拡張である。  

注意

twalk() は根へのポインターを引き数にとるが、 ほかの関数は根へのポインターへのポインターである。

tdelete() は、削除したノードの使用していたメモリーを解放するが、 ノードに対応するデータのメモリーは、ユーザーが解放しなければならない。

下のプログラム例は、ユーザー関数が "endorder" か "leaf" を引き数にして 呼び出されて以降は、 twalk() がそのノードを参照しないことを前提としている。 これは GNU ライブラリの実装では機能するが、System V のマニュアルには存在しない。  

以下のプログラムは 12 個の乱数を二分木に挿入した後、 挿入した数を順番に出力する (挿入の際、重複した乱数は 1 つにまとめられる)。

#define _GNU_SOURCE     /* Expose declaration of tdestroy() */
#include <search.h>
#include <stdlib.h>
#include <stdio.h>
#include <time.h>

static void *root = NULL;

static void *
xmalloc(unsigned n)
{
    void *p;
    p = malloc(n);
    if (p)
        return p;
    fprintf(stderr, "insufficient memory\n");
    exit(EXIT_FAILURE);
}

static int
compare(const void *pa, const void *pb)
{
    if (*(int *) pa < *(int *) pb)
        return -1;
    if (*(int *) pa > *(int *) pb)
        return 1;
    return 0;
}

static void
action(const void *nodep, const VISIT which, const int depth)
{
    int *datap;

    switch (which) {
    case preorder:
        break;
    case postorder:
        datap = *(int **) nodep;
        printf("%6d\n", *datap);
        break;
    case endorder:
        break;
    case leaf:
        datap = *(int **) nodep;
        printf("%6d\n", *datap);
        break;
    }
}

int
main(void)
{
    int i, *ptr;
    void *val;

    srand(time(NULL));
    for (i = 0; i < 12; i++) {
        ptr = xmalloc(sizeof(int));
        *ptr = rand() & 0xff;
        val = tsearch((void *) ptr, &root, compare);
        if (val == NULL)
            exit(EXIT_FAILURE);
        else if ((*(int **) val) != ptr)
            free(ptr);
    }
    twalk(root, action);
    tdestroy(root, free);
    exit(EXIT_SUCCESS);
}
 

関連項目

bsearch(3), hsearch(3), lsearch(3) qsort(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:28 GMT, March 14, 2017