TMPFILE

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2008-07-14
Index JM Home Page roff page
 

名前

tmpfile - テンポラリファイルを作成する  

書式

#include <stdio.h>

FILE *tmpfile(void);
 

説明

tmpfile() 関数はユニークなテンポラリファイルを バイナリリードライトモード (w+b) でオープンする。 このファイルはクローズ時またはプログラムの終了時に自動的に削除される。  

返り値

tmpfile() 関数はファイルポインターを返すか、 ユニークなファイルが作れなかったかオープンできなかった場合は NULL を返す。 後者の場合、エラーを表す errno を設定する。  

エラー

EACCES
ファイルのあるディレクトリにサーチのアクセス権 (search permission) がない。
EEXIST
ユニークなファイル名が作成できなかった。
EINTR
呼び出しがシグナルによって中断された。
EMFILE
1 つのプロセスで使用可能なファイルディスクリプター数を超過した。
ENFILE
システム全体でオープン可能なファイル数を超過した。
ENOSPC
ディレクトリに新しいファイルを追加するための空き領域がない。
EROFS
読みだし専用ファイルシステムである。
 

準拠

SVr4, 4.3BSD, C89, C99, SUSv2, POSIX.1-2001.  

注意

POSIX.1-2001 では、 ストリームをオープンできなかった場合、 stdout にエラーメッセージが書き出される、と規定されている。

規格では tmpfile() が使うディレクトリは指定されていない。 glibc では <stdio.h> で定義されている P_tmpdir をパスの先頭に使おうとする。 これが失敗した場合は、ディレクトリ /tmp を使う。  

関連項目

exit(3), mkstemp(3), mktemp(3), tempnam(3), tmpnam(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:34 GMT, April 14, 2019