STRVERSCMP

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2001-12-19
Index JM Home Page roff page
 

名前

strverscmp - 2つのバージョン文字列を比較する  

書式

#define _GNU_SOURCE         /* feature_test_macros(7) 参照 */

#include <string.h> int strverscmp(const char *s1, const char *s2);
 

説明

jan1, jan2, ..., jan9, jan10, ... といった名前のファイルがある状況はよくあるが、 ls(1) を実行したときに jan1, jan10, ..., jan2, ..., jan9 の順番で表示されるのには違和感がある。 これを修正するために、GNU は ls(1) に -v オプションを導入した。 この機能は versionsort(3) を使って実装されているが、この中で strverscmp() が使用されている。

このように strverscmp() の役目は2つの文字列を比較して「正しい」順序を探すことである。 これに対して strcmp(3) は辞書順だけで比較した結果を返す。 関数 strverscmp() はロケールのカテゴリーである LC_COLLATE を使用しない。 このことから、この関数が主にアスキー文字から成る文字列を 想定していることが分かる。

この関数の動作は以下の通りである。 両方の文字列が等しい場合、0 を返す。 それ以外の場合、その直前までは両方の文字列が等しく、 その直後のバイトで両者に違いがあるような、バイトの境界を探す。 見つかったバイト境界を含む数字列(数字だけの文字列)の最長一致検索を行う。 (数字列は境界から始まっていても、境界で終わっていてもよい)。 2つの文字列から得られた数字列の一方または両方が空であれば、 strcmp(3) が返した結果を関数の返り値として返す。 すなわち、バイト値を比較した結果を返す。 それ以外の(数字列が両方とも空でない)場合、両方の数字列を数字順で比較する。 このとき、1つ以上の 0 が先頭にある数字列は、前に小数点がついているものと 解釈される。(先頭に 0 が多くある数字列ほど前に来ることになる) この結果、順序は次のようになる: 000, 00, 01, 010, 09, 0, 1, 9, 10  

返り値

関数 strverscmp() は、ゼロよりも 1)小さい、2)等しい、3)大きいのいずれかの整数を返す。 それぞれは、s1s2 よりも、 1)小さい、2)等しい、3)大きい ことを示す。  

準拠

この関数は GNU による拡張である。  

関連項目

rename(1), strcasecmp(3), strcmp(3), strcoll(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
準拠
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:28 GMT, March 14, 2017