STRCHR

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2014-01-20
Index JM Home Page roff page
 

名前

strchr, strrchr, strchrnul - 文字列中の文字の位置を特定する  

書式

#include <string.h>

char *strchr(const char *s, int c);

char *strrchr(const char *s, int c);

#define _GNU_SOURCE         /* feature_test_macros(7) 参照 */
#include <string.h>

char *strchrnul(const char *s, int c);
 

説明

strchr() 関数は、文字列 s 中に最初に文字 c が現れた位置へのポインターを返す。

strrchr() 関数は、文字列 s 中に最後に文字 c が現れた位置へのポインターを返す。

strchrnul() 関数は strchr() と同様だが、 cs 中に見つからなかった場合に、返り値として NULL でなく、s の末尾のヌルバイトへのポインターを返す点が異なる。

ここでいう「文字」は「バイト」の意味なので、 これらの関数はワイド文字やマルチバイト文字では動作しない。  

返り値

strchr() と strrchr() 関数は一致した文字へのポインターを返し、もし 文字が見つからない場合は NULL を返す。終端のヌルバイトは文字列の一部と みなされ、c に '\0' が指定された場合には、これらの関数は 終端のヌルバイトへのポインターを返す。

strchrnul() 関数は一致した文字へのポインターを返す。 文字が見つからない場合は、s の末尾のヌルバイトへの ポインター (つまり s+strlen(s)) を返す。  

バージョン

strchrnul() は glibc バージョン 2.1.1 で初めて登場した。  

属性

 

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

関数 strchr(), strrchr(), strchrnul() はスレッドセーフである。  

準拠

strchr() と strrchr() は SVr4, 4.3BSD, C89, C99 に準拠している。 strchrnul() は GNU 拡張である。  

関連項目

index(3), memchr(3), rindex(3), string(3), strlen(3), strpbrk(3), strsep(3), strspn(3), strstr(3), strtok(3), wcschr(3), wcsrchr(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
バージョン
属性
マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)
準拠
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:27 GMT, March 14, 2018