SEM_POST

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2014-02-26
Index JM Home Page roff page
 

名前

sem_post - セマフォのロックを解除する  

書式

#include <semaphore.h>

int sem_post(sem_t *sem);

-pthread とリンクする。  

説明

sem_post() は、 sem が指すセマフォの値を 1 増やす (ロックを解除する)。その結果、 セマフォの値は 0 より大きな値に変化し、 sem_wait(3) で停止している別のプロセスやスレッドが呼び起こされ、 セマフォをロックできるようになる。  

返り値

成功すると、 sem_post() は 0 を返す。エラーの場合、セマフォの値は変更せずに、 -1 を返し、 errno にエラーを示す値をセットする。  

エラー

EINVAL
sem は有効なセマフォではない。
EOVERFLOW
一つのセマフォで使用できる最大値を超えてしまうところであった。
 

属性

 

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

sem_post() 関数はスレッドセーフである。  

準拠

POSIX.1-2001.  

注意

sem_post() は async-signal-safe である。 つまり、シグナルハンドラーの中でも安全に呼び出すことができる。  

sem_wait(3) 参照。  

関連項目

sem_getvalue(3), sem_wait(3), sem_overview(7)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
属性
マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:26 GMT, March 14, 2018