SEEKDIR

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2013-09-09
Index JM Home Page roff page
 

名前

seekdir - 次の readdir() 呼び出しのために、ディレクトリストリーム中の位置を 設定する  

書式

#include <dirent.h>

void seekdir(DIR *dirp, long loc);

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

seekdir(): _BSD_SOURCE || _SVID_SOURCE || _XOPEN_SOURCE  

説明

seekdir() 関数は、次の readdir(3) 呼び出しの開始位置である、 ディレクトリストリームの中での位置を設定する。 loc 引き数には、それ以前の telldir(3) の呼び出しで返された値を渡すべきである。  

返り値

seekdir() 関数は、値を返さない。  

属性

 

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

seekdir() 関数はスレッドセーフである。  

準拠

4.3BSD, POSIX.1-2001.  

注意

バージョン 2.1.1 以前の glibc では、 loc 引き数の型は off_t であった。 POSIX.1-2001 では long と規定されており、glibc 2.1.2 以降では long になっている。この引き数の値に前提を置く際には気を付けないといけない理由については telldir(3) を参照のこと。  

関連項目

lseek(2), closedir(3), opendir(3), readdir(3), rewinddir(3), scandir(3), telldir(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
属性
マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:26 GMT, March 14, 2018