RTNETLINK

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2014-09-06
Index JM Home Page roff page
 

名前

rtnetlink - rtnetlink メッセージを操作するマクロ  

書式

#include <asm/types.h>
#include <linux/netlink.h>
#include <linux/rtnetlink.h>
#include <sys/socket.h>

rtnetlink_socket = socket(AF_NETLINK, int socket_type, NETLINK_ROUTE);

int RTA_OK(struct rtattr *rta, int rtabuflen);

void *RTA_DATA(struct rtattr *rta);

unsigned int RTA_PAYLOAD(struct rtattr *rta);

struct rtattr *RTA_NEXT(struct rtattr *rta, unsigned int rtabuflen);

unsigned int RTA_LENGTH(unsigned int length);

unsigned int RTA_SPACE(unsigned int length);  

説明

全ての rtnetlink(7) メッセージは netlink(7) メッセージヘッダーと追加属性からなる。 属性の操作は、必ずここに挙げたマクロだけを使って行うべきである。

RTA_OK(rta, attrlen)rta が有効なルーティング属性へのポインターであれば真を返す。 attrlen は属性バッファーの実働時の長さ (running length) である。 真でなければ、例え attrlen がゼロでなくても、 メッセージ中にはもうそれ以上属性は無いと考えなければならない。

RTA_DATA(rta) はこの属性データの先頭へのポインターを返す。

RTA_PAYLOAD(rta) はこの属性データの長さを返す。

RTA_NEXT(rta, attrlen)rta の次にある属性を取得する。 このマクロを呼ぶと attrlen が更新される。 RTA_OK を使って、返されたポインターが正しいかをチェックすべきである。

RTA_LENGTH(len)len バイトのデータ + ヘッダーに必要な長さを返す。

RTA_SPACE(len)len バイトのデータを持つメッセージに必要とされる容量を返す。  

準拠

これらのマクロは非標準で、Linux での拡張である。  

バグ

このマニュアルは完全ではない。  

デバイスの MTU をセットする rtnetlink メッセージを生成する
    #include <linux/rtnetlink.h>

    ...

    struct {
        struct nlmsghdr  nh;
        struct ifinfomsg if;
        char             attrbuf[512];
    } req;

    struct rtattr *rta;
    unsigned int mtu = 1000;

    int rtnetlink_sk = socket(AF_NETLINK, SOCK_DGRAM, NETLINK_ROUTE);

    memset(&req, 0, sizeof(req));
    req.nh.nlmsg_len = NLMSG_LENGTH(sizeof(struct ifinfomsg));
    req.nh.nlmsg_flags = NLM_F_REQUEST;
    req.nh.nlmsg_type = RTM_NEWLINK;
    req.if.ifi_family = AF_UNSPEC;
    req.if.ifi_index = INTERFACE_INDEX;
    req.if.ifi_change = 0xffffffff; /* ??? */
    rta = (struct rtattr *)(((char *) &req) +
                             NLMSG_ALIGN(req.nh.nlmsg_len));
    rta->rta_type = IFLA_MTU;
    rta->rta_len = RTA_LENGTH(sizeof(unsigned int));
    req.n.nlmsg_len = NLMSG_ALIGN(req.nh.nlmsg_len) +
                                  RTA_LENGTH(sizeof(mtu));
    memcpy(RTA_DATA(rta), &mtu, sizeof(mtu));
    send(rtnetlink_sk, &req, req.nh.nlmsg_len, 0);
 

関連項目

netlink(3), netlink(7), rtnetlink(7)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
準拠
バグ
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:26 GMT, March 14, 2018