RE_COMP

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2014-05-28
Index JM Home Page roff page
 

名前

re_comp, re_exec - BSD の正規表現関数  

書式

#define _REGEX_RE_COMP
#include <sys/types.h>
#include <regex.h>

char *re_comp(const char *regex);

int re_exec(const char *string);  

説明

re_comp() は、 regex で示されるヌルで終端された正規表現をコンパイルするために使用される。 コンパイルされたパターンは静的な領域を使用しており、そのパターンバッファー は以降の re_comp() の使用によって上書きされる。 もし regex が NULL ならば何の操作も行われず、パターンバッファーの内容は 置き換えられない。

re_exec() は、 string が指すヌルで終端された文字列が前回コンパイルされた regex にマッチするかどうかを評価するために使用される。  

返り値

re_comp() は、 regex のコンパイルに成功した場合 NULL を返し、 それ以外の場合は適切なエラーメッセージへのポインターを返す。

re_exec() は、一致した場合 1 を、失敗した場合 0 を返す。  

属性

 

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

関数 re_comp() と re_exec() はスレッドセーフではない。  

準拠

4.3BSD.  

注意

これらの関数は廃止予定である。代わりに regcomp(3) に書かれている関数を使用すべきである。  

関連項目

regcomp(3), regex(7), GNU regex manual  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
属性
マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:26 GMT, March 14, 2018