PTHREAD_TESTCANCEL

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2014-05-19
Index JM Home Page roff page
 

名前

pthread_testcancel - 処理待ちの取り消し要求の配送を要求する  

書式

#include <pthread.h>

void pthread_testcancel(void);

-pthread でコンパイルしてリンクする。
 

説明

pthread_testcancel() を呼び出すと、呼び出したスレッド内に取り消し ポイント (cancellation point) が作成される。 これにより、これ以外には取り消しポイントを含まないコードを実行して いるスレッドが取り消し要求に対応することができるようになる。

(pthread_setcancelstate(3) を使って) キャンセルが無効になっている 場合や処理待ちの取り消し要求がない場合は、pthread_testcancel() を 呼び出しても何の影響もない。  

返り値

この関数は値を返さない。この関数の呼び出しの結果、呼び出したスレッドが キャンセルされた場合、この関数が返ることはない。  

エラー

この関数は常に成功する。  

属性

 

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

pthread_testcancel() 関数はスレッドセーフである。  

準拠

POSIX.1-2001.  

pthread_cleanup_push(3) を参照。  

関連項目

pthread_cancel(3), pthread_cleanup_push(3), pthread_setcancelstate(3), pthreads(7)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
属性
マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)
準拠
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:25 GMT, March 14, 2018