PTHREAD_SETCONCURRENCY

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2014-05-23
Index JM Home Page roff page
 

名前

pthread_setconcurrency, pthread_getconcurrency - 並列処理レベルの設定/取得を行う  

書式

#include <pthread.h>

int pthread_setconcurrency(int new_level);
int pthread_getconcurrency(void);

-pthread でコンパイルしてリンクする。
 

説明

pthread_setconcurrency() 関数は、アプリケーションが希望する 並列処理レベル (concurrency level) をスレッド実装に通知する。 希望する並列処理レベルは new_level で指定する。 スレッド実装はこの情報をヒントとしてのみ利用する。 POSIX.1 では、 pthread_setconcurrency() の呼び出した結果、 どのような並列度になるべきかは規定されていない。

new_level に 0 を指定すると、スレッド実装は並列処理レベルを 実装側で適切とみなしたレベルに設定するようになる。

pthread_getconcurrency() は、このプロセスの concurrency level の現在値を返す。  

返り値

成功すると、 pthread_setconcurrency() は 0 を返す。 エラーの場合、 0 以外のエラー番号を返す。

pthread_getconcurrency() は常に成功し、最後の pthread_getconcurrency() の呼び出しで設定された concurrency level を返す。 pthread_getconcurrency() が それまでに一度も呼び出されていない場合は 0 が返る。  

エラー

pthread_setconcurrency() は以下のエラーで失敗する場合がある。
EINVAL
new_level が負である。

POSIX.1-2001 には、エラー EAGAIN も記載されている (「new_level に指定された値を適用すると、システムリソースが 超過してしまう」)。  

バージョン

これらの関数は glibc バージョン 2.1 以降で利用できる。  

属性

 

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

関数 pthread_setconcurrency() と pthread_getconcurrency() はスレッドセーフである。  

準拠

POSIX.1-2001.  

注意

デフォルトの concurrency level は 0 である。

並列処理レベルが意味を持つのは M:N スレッド実装の場合のみである。 M:N スレッド実装では、ある瞬間において、あるプロセスのユーザーレベルスレッ ドの集合のサブ集合が、そのサブ集合のサイズよりも少ない数のカーネルの スケジューリング実体 (kernel-scheduling entity) に結び付けられる。 並列処理レベルを設定すると、そのアプリケーションの効率的な実行に必要な カーネルのスケジューリング実体の数のヒントを、アプリケーションはシステ ムに伝えることができる。

LinuxThreads と NPTL のどちらも 1:1 スレッド実装であり、 並列処理レベルを設定しても何の意味もない。 言い換えると、 Linux では、これらの関数は、 他のシステムとの互換性のためだけに存在し、 プログラムの実行には何の影響も与えないということである。  

関連項目

pthread_attr_setscope(3), pthreads(7)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
バージョン
属性
マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:25 GMT, March 14, 2018