PTHREAD_CLEANUP_PUSH_DEFER_NP

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2014-05-28
Index JM Home Page roff page
 

名前

pthread_cleanup_push_defer_np, pthread_cleanup_pop_restore_np - cancelability type を保持したままでスレッドのキャンセルクリーンアップハンドラーの push/pop を行う  

書式

#include <pthread.h>

void pthread_cleanup_push_defer_np(void (*routine)(void *),
                                   void *arg);
void pthread_cleanup_pop_restore_np(int execute);

-pthread を付けてコンパイルとリンクを行う。

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

pthread_cleanup_push_defer_np(), pthread_cleanup_pop_defer_np():

_GNU_SOURCE
 

説明

これらの関数は pthread_cleanup_push(3) と pthread_cleanup_pop(3) と同じだが、このページで説明する点が異なる。

pthread_cleanup_push(3) と同様に、 pthread_cleanup_push_defer_np() は routine をそのスレッドの クリーンアップハンドラーのスタックに追加する。これに加えて、 pthread_cleanup_push_defer_np() は現在の cancelability type も 保存し、cancelability type は "deferred" に設定する (pthread_setcanceltype(3) 参照)。 これにより、この関数が呼び出される前のスレッドの cancelability type が "asynchronous" であったとしても、キャンセルクリーンアップが行われること が保証される。

pthread_cleanup_pop(3) と同様に、 pthread_cleanup_pop_restore_np() はそのスレッドのキャンセル クリーンアップハンドラーのスタックから一番上にあるクリーンアップハンドラー を取り出す。これに加えて、そのスレッドの cancelability type を、対応 する pthread_cleanup_push_defer_np() が呼ばれた時点の値に戻す。

呼び出し側では、これらの関数の呼び出しが同じ関数の中で対となり、かつ 文法的に同じネストレベル (nesting level) になることを保証しなければ ならない。 pthread_cleanup_push(3) で説明されている他の制限も 適用される。

以下の一連の呼び出し

pthread_cleanup_push_defer_np(routine, arg);
pthread_cleanup_pop_restore_np(execute);

と以下は等価である (但し、上の方がより簡潔で効率的である)。

int oldtype;

pthread_cleanup_push(routine, arg);
pthread_setcanceltype(PTHREAD_CANCEL_DEFERRED, &oldtype);
...
pthread_setcanceltype(oldtype, NULL);
pthread_cleanup_pop(execute);
 

準拠

これらの関数は非標準の GNU による拡張である。 そのため、名前に "_np" (nonportable; 移植性がない) という接尾辞が 付いている。  

関連項目

pthread_cancel(3), pthread_cleanup_push(3), pthread_setcancelstate(3), pthread_testcancel(3), pthreads(7)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
準拠
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:25 GMT, March 14, 2018