PTHREAD_ATTR_SETDETACHSTATE

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2014-05-28
Index JM Home Page roff page
 

名前

pthread_attr_setdetachstate, pthread_attr_getdetachstate - スレッド属性オブジェクトの detach state 属性の設定/取得を行う  

書式

#include <pthread.h>

int pthread_attr_setdetachstate(pthread_attr_t *attr, int detachstate);
int pthread_attr_getdetachstate(const pthread_attr_t *attr, int *detachstate);

-pthread でコンパイルしてリンクする。
 

説明

pthread_attr_setdetachstate() 関数は、 attr が参照するスレッド属性オブジェクトの detach state 属性を detachstate で指定された値に設定する。 detach state 属性により、スレッド属性オブジェクト attr を使って 作成されるスレッドが、 join 可能な状態で作成されるか、 detached (切り離された) 状態で作成されるかが決定される。

detachstate には以下の値を指定できる。

PTHREAD_CREATE_DETACHED
attr を使って作成されるスレッドは detached 状態で作成される。
PTHREAD_CREATE_JOINABLE
attr を使って作成されるスレッドは join 可能な状態で作成される。

新規に初期化されたスレッド属性オブジェクトの detach state 属性の デフォルト設定は PTHREAD_CREATE_JOINABLE である。

pthread_attr_getdetachstate() は、 スレッド属性オブジェクト attr の detach state 属性を detachstate が指すバッファーに入れて返す。  

返り値

成功すると、これらの関数は 0 を返す。 エラーの場合、0 以外のエラー番号を返す。  

エラー

pthread_attr_setdetachstate() は以下のエラーで失敗する場合がある。
EINVAL
無効な値が detachstate で指定された。
 

属性

 

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

関数 pthread_attr_setdetachstate() と pthread_attr_getdetachstate() はスレッドセーフである。  

準拠

POSIX.1-2001.  

注意

detached 状態のスレッド、join 可能状態のスレッドの詳細については、 pthread_create(3) を参照。

join 可能状態で作成されたスレッドは、最終的に pthread_join(3) を使って join するか、 pthread_detach(3) を使って切り離すか、 のどちらかを行うべきである。

detached 状態で作成されたスレッドのスレッド ID を指定して、 pthread_detach(3) や pthread_join(3) を後から呼び出すのは エラーである。  

pthread_attr_init(3) を参照。  

関連項目

pthread_attr_init(3), pthread_create(3), pthread_detach(3), pthread_join(3), pthreads(7)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
属性
マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:25 GMT, March 14, 2018