POSIX_MEMALIGN

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2013-09-02
Index JM Home Page roff page
 

名前

posix_memalign, aligned_alloc, memalign, valloc, pvalloc - アラインメント されたメモリーの割り当てを行う  

書式

#include <stdlib.h>

int posix_memalign(void **memptr, size_t alignment, size_t size);
void *aligned_alloc(size_t alignment, size_t size);
void *valloc(size_t size);

#include <malloc.h>

void *memalign(size_t alignment, size_t size);
void *pvalloc(size_t size);

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

posix_memalign(): _POSIX_C_SOURCE >= 200112L || _XOPEN_SOURCE >= 600

aligned_alloc(): _ISOC11_SOURCE

valloc():

glibc 2.12 以降:
_BSD_SOURCE ||
    (_XOPEN_SOURCE >= 500 ||
        _XOPEN_SOURCE && _XOPEN_SOURCE_EXTENDED) &&
    !(_POSIX_C_SOURCE >= 200112L || _XOPEN_SOURCE >= 600)

glibc 2.12 より前:
_BSD_SOURCE || _XOPEN_SOURCE >= 500 || _XOPEN_SOURCE && _XOPEN_SOURCE_EXTENDED
((非標準の) ヘッダーファイル <malloc.h>valloc() の宣言も公開する。機能検査マクロは不要である。
 

説明

関数 posix_memalign() は、 size バイトのメモリーを割り当て、割り当てられたメモリーのアドレスを *memptr に設定する。 割り当てられたメモリーのアドレスは alignment の倍数になっているはずである。 alignment は 2 のべき乗で、かつ sizeof(void *) の倍数でなければならない。 size が 0 の場合、 *memptr には NULL か一意なポインター値が書かれる。 このポインター値は、後で free(3) に問題なく渡すことができる。

廃止された関数である memalign() は、 size バイトのメモリーを割り当て、 割り当てられたメモリーへのポインターを返す。 メモリーのアドレスは alignment の倍数になっているはずである。 alignment は 2 のべき乗でなければならない。

関数 aligned_alloc() は memalign() と同じだが、sizealignment の倍数でなければならないという追加の制限がある点が異なる。

廃止された関数である valloc() は size バイトのメモリーを割り当て、割り当てられたメモリーへのポインターを返す。 メモリーのアドレスはページサイズの倍数になっているはずである。 これは memalign(sysconf(_SC_PAGESIZE),size) と等価である。

廃止された関数 pvalloc() は valloc() と同様だが、 割り当てられるサイズがシステムのページサイズの倍数に切り上げられる。

これらの関数はいずれもメモリーのゼロクリアを行わない。  

返り値

aligned_alloc(), memalign(), valloc(), pvalloc() は割り当てられた メモリーへのポインターを返す。 割り当てに失敗した場合は NULL を返す。

posix_memalign() は成功した場合は 0 を返し、 失敗した場合は次のセクションに記載されたエラー値のいずれかを返す。 posix_memalign() の呼び出し後は errno の値は不定である。  

エラー

EINVAL
alignment 引き数が 2 のべき乗でなかったか、 sizeof(void *) の倍数でなかった。
ENOMEM
割り当て要求を満たすのに十分なメモリーがなかった。
 

バージョン

関数 memalign(), valloc(), pvalloc() は すべての Linux libc ライブラリで使用可能である。

関数 aligned_alloc() は glibc バージョン 2.16 で追加された。

関数 posix_fallocate() は glibc 2.1.91 以降で利用可能である。  

準拠

関数 valloc() は 3.0BSD で登場した。4.3BSD では廃止されたと記載されており、 SUSv2 では過去の名残だと記載されている。 POSIX.1-2001 には存在しない。

関数 pvalloc() は GNU による拡張である。

関数 memalign() は SunOS 4.1.3 で登場したが、4.4BSD にはない。

関数 posix_memalign() は POSIX.1d に由来する。

関数 aligned_alloc() は C11 標準で規定されている。  

ヘッダー

posix_memalign() の宣言を <stdlib.h> で行うことに関しては、 皆の意見が一致している。

いくつかのシステムでは、 memalign() は <malloc.h> ではなく <stdlib.h> で宣言されている。

SUSv2 によると、 valloc() は <stdlib.h> で宣言される。 libc4,5 や glibc では <malloc.h> で宣言されており、 さらに適切な機能検査 マクロが定義された場合には <stdlib.h> でも宣言される(上記を参照)。  

注意

多くのシステムでは、アラインメントに関して制限がある。例えば、 ブロックデバイスに対するダイレクト I/O に使用するバッファーには アラインメントに関する制限がある。 POSIX では、どんなアラインメントが必要かを知るために pathconf(path,_PC_REC_XFER_ALIGN) コールを規定している。ここで posix_memalign() を使うと、この必要条件を満たすことができる。

posix_memalign() は alignment が上で詳細に述べた必要条件を満たすか どうかを確かめる。 memalign() は alignment 引き数が正しいかどうかの 確認を行わないかもしれない。

POSIX では posix_memalign() によって獲得したメモリーは free(3) を 使って解放することができる必要がある。 いくつかのシステムでは memalign() やvalloc() で割り当てられたメモリーを再利用する手段が 提供されていない(なぜなら free(3) に渡すことができるのは malloc(3) から受け取ったポインターだけだが、例えば memalign() は malloc(3) を呼び出し、得た値をアラインメントしてしまうからである)。 glibc の実装では、 ここに述べた関数のいずれで獲得したメモリーも free(3) で再利用することができる。

glibc の malloc(3) は常に 8 バイトにアラインメントされたメモリーアドレスを 返すので、ここで述べた関数が必要になるのは 8 バイトよりも大きなアラインメント が必要な場合だけである。  

関連項目

brk(2), getpagesize(2), free(3), malloc(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
バージョン
準拠
ヘッダー
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:26 GMT, March 14, 2017