ON_EXIT

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2014-08-19
Index JM Home Page roff page
 

名前

on_exit - プロセスが正常に終了した際に呼ばれる関数を登録する  

書式

#include <stdlib.h>

int on_exit(void (*function)(int , void *), void *arg);

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

on_exit(): _BSD_SOURCE || _SVID_SOURCE  

説明

on_exit() 関数は、指定された関数 function を、プロセスが 正常に終了した際に呼ばれる関数として登録する。正常な終了とは、 exit(3) またはプログラムの main() 関数の中の return 命令による終了である。 関数 function には、直近の exit(3) の呼び出しで渡された status 引数と on_exit() の arg 引数が渡される。

同じ関数を複数回登録してもよい。 登録された関数は登録 1 回につき 1 回呼び出される。

fork(2) で作成された場合、子プロセスは親プロセスの登録のコピーを継承する。 exec(3) ファミリーの関数の場合、呼び出しに成功すると、 全ての登録が削除される。  

返り値

on_exit() 関数は、成功したら 0 を、そうでなければ 0 以外を返す。  

準拠

この関数は SunOS 4 由来であるが、 glibc にも存在する。 Solaris (SunOS 5) にはもはや存在しない。移植性が必要なアプリケーションではこの関数の使用は避け、代わりに標準の atexit(3) を使うこと。  

関連項目

_exit(2), atexit(3), exit(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
準拠
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:25 GMT, March 14, 2017