MQ_CLOSE

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2014-06-13
Index JM Home Page roff page
 

名前

mq_close - メッセージキュー記述子をクローズする  

書式

#include <mqueue.h>

int mq_close(mqd_t mqdes);

-lrt でリンクする。  

説明

mq_close() はメッセージキュー記述子 (message queue descriptor) mqdes をクローズする。

呼び出し元のプロセスが mqdes 経由でこのメッセージキューに通知要求 (notification request) を設定している場合、通知要求は削除され、他のプロセスがそのキューに 対して通知要求を設定できるようになる。  

返り値

成功すると、 mq_close() は 0 を返す。エラーの場合、-1 を返し、 errno にエラーを示す値を設定する。  

エラー

EBADF
mqdes に指定されたディスクリプターが不正である。
 

属性

 

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

関数 mq_close() はスレッドセーフである。  

準拠

POSIX.1-2001.  

注意

プロセス終了時、もしくは execve(2) 実行時に、全てのオープンされたメッセージキューは自動的にクローズされる。  

関連項目

mq_getattr(3), mq_notify(3), mq_open(3), mq_receive(3), mq_send(3), mq_unlink(3), mq_overview(7)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
属性
マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:25 GMT, March 14, 2018