MKTEMP

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2014-08-19
Index JM Home Page roff page
 

名前

mktemp - 他と重ならないテンポラリファイル名を作成する  

書式

#include <stdlib.h>

char *mktemp(char *template);

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

mktemp():

glibc 2.12 以降:
_BSD_SOURCE || _SVID_SOURCE ||
    (_XOPEN_SOURCE >= 500 ||
         _XOPEN_SOURCE && _XOPEN_SOURCE_EXTENDED) &&
    !(_POSIX_C_SOURCE >= 200112L || _XOPEN_SOURCE >= 600)
glibc 2.12 より前:
_BSD_SOURCE || _SVID_SOURCE || _XOPEN_SOURCE >= 500 || _XOPEN_SOURCE && _XOPEN_SOURCE_EXTENDED
 

説明

決してこの関数は使用しないこと。「注意」を参照。

関数 mktemp() は引数 template から他と重ならない テンポラリファイル名を作成する。引数 template で指示する文字配列 の後6文字は XXXXXX である必要がある。この部分がファイル名を他と 重ならないにするような文字で置き換えられる。 template は書き換えられるため、文字列定数ではなく文字配列として宣言するように しなければならない。  

返り値

関数 mktemp() は常に template を戻す。 一意な名前が作成された場合、 template の最後の 6 バイトに 他と重ならない名前 (それまでに出ていない名前) になるような値が格納される。 一意な名前が作成できなかった場合には、 template には空文字列がセットされ、 errno にエラーを示す値がセットされる。  

エラー

EINVAL
引数 template で指示された文字列の後6文字が XXXXXX でない。
 

準拠

4.3BSD, POSIX.1-2001. POSIX.1-2008 では mktemp() の仕様が削除されている。  

バグ

mktemp() を決して使わないこと。4.3BSD 系の実装や XXXXXX を プロセス ID と1文字により置き換える方式ではせいぜい26の名前を返す ことができるにすぎない。 この名前は簡単に推測できることや、その名前がすでに存在しているかどうか テストして、そのファイルをオープンする間に競合がある事から、 mktemp() を使うのは毎回セキュリティリスクをおかすことになる。 この競合は mkstemp(3) を使うことで避けられる。  

関連項目

mkstemp(3), tempnam(3), tmpfile(3), tmpnam(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
準拠
バグ
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:24 GMT, March 14, 2018