MBTOWC

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2014-03-18
Index JM Home Page roff page
 

名前

mbtowc - マルチバイト列をワイド文字に変換する  

書式

#include <stdlib.h>

int mbtowc(wchar_t *pwc, const char *s, size_t n);
 

説明

この関数が用いられる場合、通常 s が NULL でなく pwc も NULL でない。この場合は mbtowc() 関数は s から始まる 最大 n バイトのマルチバイト文字列を検査して、次の完全なマルチバイト 文字を取り出し、それをワイド文字に変換して *pwc に格納する。 同時に mbtowc 関数のみが使用する内部状態を更新する。s がヌルバイト ('\0') 以外を指している場合は、s から消費するバイト数を返す。 s がヌルバイトを指している場合には 0 を返す。

s から始まる n バイトが完全なマルチバイト文字を含んで いない場合や不正なマルチバイト列を含んでいる場合には mbtowc() は -1 を返す。マルチバイト文字列に冗長なシフトシーケンスが 含まれていると n >= MB_CUR_MAX の場合もこのようなことが 起こりえる。

s が NULL でなく pwc が NULL の場合は mbtowc() 関数は 上記と同様に動作するが、変換したワイド文字はメモリーには書き込まれない。

三番目の場合として s が NULL の場合は pwcn は 無視される。 mbtowc() 関数のみが使用するシフト状態は初期状態に 戻される。そして文字符号がシフト状態に依存するならばゼロ以外を、文字符号が 状態によらないならばゼロを返す。  

返り値

s が NULL でなければ mbtowc() 関数は s から消費した バイト数を、s がヌル文字を指している場合はゼロを、 変換に失敗した場合は -1 を返す。

s が NULL ならば mbtowc() 関数は文字符号がシフト状態に依存 していればゼロ以外を、状態によらなければゼロを返す。  

準拠

C99.  

注意

mbtowc() の動作は現在のロケールの LC_CTYPE カテゴリーに依存している。

この関数はマルチスレッドでは安全ではない。 mbrtowc(3) 関数は 同じ機能のより良いインターフェースを提供する。  

関連項目

MB_CUR_MAX(3), mblen(3), mbrtowc(3), mbstowcs(3), wctomb(3), wcstombs(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:25 GMT, March 14, 2017