MBSNRTOWCS

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2014-03-18
Index JM Home Page roff page
 

名前

mbsnrtowcs - マルチバイト文字列をワイド文字列に変換する  

書式

#include <wchar.h>

size_t mbsnrtowcs(wchar_t *dest, const char **src,
                  size_t nms, size_t len, mbstate_t *ps);

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

mbsnrtowcs():

glibc 2.10 以降:
_XOPEN_SOURCE >= 700 || _POSIX_C_SOURCE >= 200809L
glibc 2.10 より前:
_GNU_SOURCE
 

説明

mbsnrtowcs() 関数は mbsrtowcs(3) 関数に似ているが 変換するバイト数が *src から始まる nms バイトに制限されている 点が異なっている。

dest が NULL でなければ mbsnrtowcs() 関数は *src からのマルチバイト文字列の最大 nms までを dest からのワイド文字列に変換する。 最大 len 文字のワイド文字が dest に書き込まれる。 同時にシフト状態 *ps を更新する。 変換は mbrtowc(dest, *src, n, ps) を、この呼び出しが成功する限り、繰り返し実行したのと実質的に同様である。 ここでの n は正の数であり、繰り返しごとに dest が 1 増加させられ、 *src が消費したバイト数だけ増加させられる。変換は以下の三つの いずれかの条件で停止する:

1.
不正なマルチバイト列に遭遇した。この場合には *src は不正な マルチバイト列を指すようにして、 (size_t) -1 を返し、errnoEILSEQ を設定する。
2.
nms 制限によって強制的に停止するか、len 文字の L'\0' 以外の ワイド文字を dest に格納した場合。この場合は *src は 次に変換されるマルチバイト列を指すようにして、dest に書き込まれた ワイド文字の数を返す。
3.
マルチバイト文字列が終端のヌルワイド文字 ('\0') まで含めて完全に変換された場合。 (この時、副作用として *ps が初期状態に戻される。) この場合は *src には NULL が設定され、 dest に書き込まれた文字数 (終端の ヌルワイド文字は含まれない) を返す。

dest が NULL の場合、len は無視され、上記と同様の変換が 行われるが、変換されたワイド文字はメモリーに書き込まれず、変換先の上限 が存在しない。

上記のどちらの場合でも、ps が NULL ならば、 代りに mbsnrtowcs() 関数のみが使用する静的で名前のない状態が使用される。

プログラマーは dest に最低でも len ワイド文字を書き込むこ とができる空間があることを保証しなければならない。  

返り値

mbsnrtowcs() 関数はワイド文字列に変換完了したワイド文字の数を返す。 終端のナルワイド文字は含まない。不正なマルチバイト列に遭遇した場合には (size_t) -1 を返し、errnoEILSEQ を設定する。  

準拠

POSIX.1-2008.  

注意

mbsnrtowcs() の動作は現在のロケールの LC_CTYPE カテゴリーに依存している。

ps に NULL を渡した際の動作はマルチスレッドセーフでない。  

関連項目

iconv(3), mbrtowc(3) mbsinit(3), mbsrtowcs(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:24 GMT, March 14, 2018