MALLOC_USABLE_SIZE

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2014-06-13
Index JM Home Page roff page
 

名前

malloc_usable_size - ヒープから確保したメモリーブロックのサイズを取得する  

書式

#include <malloc.h>

size_t malloc_usable_size (void *ptr);  

説明

malloc_usable_size() 関数は、 ptr が指すブロックで使用可能なバイト数を返す。 ptr は、malloc(3) や同様の関数で割り当てられたメモリーブロックへのポインターである。  

返り値

malloc_usable_size() は ptr が指す割り当て済みメモリーブロックで使用可能なバイト数を返す。 ptr が NULL の場合、 0 が返される。  

属性

 

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

malloc_usable_size() 関数はスレッドセーフである。  

準拠

この関数は GNU による拡張である。  

注意

malloc_usable_size() が返す値は、 要求された割り当てサイズよりも大きい場合がある。 これは、メモリーアラインメントと最小サイズの制約のためである。 この超過バイトをアプリケーションは悪影響なしで上書きすることができるが、 これを行うのはプログラミングマナーとしてはよいこととは言えない。 アプリケーションの超過バイトの量は、内部の実装に依存する。

この関数の主な使用目的はデバッグと内部調査である。  

関連項目

malloc(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
属性
マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:24 GMT, March 14, 2018