MALLOC_TRIM

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2014-05-28
Index JM Home Page roff page
 

名前

malloc_trim - ヒープの一番上から未使用メモリーを解放する  

書式

#include <malloc.h>

int malloc_trim(size_t pad);  

説明

malloc_trim() 関数は (適切な引き数で sbrk(2) を呼び出して) ヒープの一番上の未使用メモリーの解放を試みる。

pad 引き数は、 ヒープの一番上から切り詰める際に残す未使用領域の量を指定する。 この引き数が 0 の場合、 ヒープの一番上の最小量のメモリーだけを維持できる (つまり 1 ページかそれ未満)。 0 以外の引き数を指定すると、 ヒープの一番上にある程度の量の未使用領域を残し、 将来の割り当てを sbrk(2) でヒープを拡張せずに行えるようにできる。  

返り値

malloc_trim() 関数はメモリーが実際に解放されシステムに戻された場合に 1 を返し、 どのメモリーも解放できなかった場合は 0 を返す。  

エラー

エラーは定義されていない。  

準拠

この関数は GNU による拡張である。  

注意

この関数は、 特定の状況では free(3) により自動的に呼び出される。 mallopt(3) の M_TOP_PADM_TRIM_THRESHOLD の議論を参照。

この関数は、 ヒープの一番上以外の場所にある未使用メモリーを解放することはできない。

この関数はメイン領域のメモリーだけを解放する。  

関連項目

sbrk(2), malloc(3), mallopt(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:25 GMT, March 14, 2017