MALLOC_HOOK

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2010-10-13
Index JM Home Page roff page
 

名前

__malloc_hook, __malloc_initialize_hook, __memalign_hook, __free_hook, __realloc_hook, __after_morecore_hook - malloc デバッグ用の変数  

書式

#include <malloc.h>

void *(*__malloc_hook)(size_t size, const void *caller);

void *(*__realloc_hook)(void *ptr, size_t size, const void *caller);

void *(*__memalign_hook)(size_t alignment, size_t size,
                         const void *caller);

void (*__free_hook)(void *ptr, const void *caller);

void (*__malloc_initialize_hook)(void);

void (*__after_morecore_hook)(void);
 

説明

GNU C ライブラリでは、適切なフック関数 (hook function) を指定することで malloc(3), realloc(3), free(3) の動作を変更することができる。例えば、動的にメモリー割り当てを行う プログラムのデバッグにこれらのフックを使うことができる。

変数 __malloc_initialize_hook は malloc の実装が初期化される際に一度だけ呼ばれる関数へのポインターである。 この変数は書き換え可能 (weak) であり、アプリケーション内で 以下のような定義で上書きできる:


    void (*__malloc_initialize_hook)(void) = my_init_hook;

なお、関数 my_init_hook() で全てのフックの初期化をすることができる。

__malloc_hook, __realloc_hook, __memalign_hook, __free_hook で指される 4 つの関数は、各々 malloc(3), realloc(3), memalign(3), free(3) とよく似たプロトタイプを持っているが、 一番最後の引き数 caller をとる点が異なる。 引き数 caller には、 malloc(3) などの呼び出し元 (caller) のアドレスが格納される。

変数 __after_morecore_hook は、領域の追加要求があり sbrk(2) が呼ばれた後で毎回呼び出される関数へのポインターである。  

準拠

これらの関数は GNU による拡張である。  

注意

マルチスレッドプログラムでは、 これらのフック関数の使用は安全ではなく、 今では非推奨である。 プログラマは、 "malloc" や "free" のような関数を定義して公開して、 関連する関数を呼び出すようにすべきである。  

これらの変数の使い方の簡単な例を以下に示す。

#include <stdio.h>
#include <malloc.h>

/* 使おうとするフックのプロトタイプ宣言 */
static void my_init_hook(void);
static void *my_malloc_hook(size_t, const void *);

/* 元々のフックを保存するための変数 */
static void *(*old_malloc_hook)(size_t, const void *);

/* C ライブラリから呼ばれる初期化フックを上書きする */
void (*__malloc_initialize_hook) (void) = my_init_hook;

static void
my_init_hook(void)
{
    old_malloc_hook = __malloc_hook;
    __malloc_hook = my_malloc_hook;
}

static void *
my_malloc_hook(size_t size, const void *caller)
{
    void *result;

    /* 元々のフックを全て戻す */
    __malloc_hook = old_malloc_hook;

    /* malloc の再帰的呼び出し */
    result = malloc(size);

    /* 現在設定されているフック (underlying hook) を保存する */
    old_malloc_hook = __malloc_hook;

    /* printf() は malloc() を呼び出す可能性があるので
        ここでもガードを行う (元々のフックのままにしておく) */
    printf("malloc(%u) called from %p returns %p\n",
            (unsigned int) size, caller, result);

    /* ユーザーが使おうとするフックを再設定する */
    __malloc_hook = my_malloc_hook;

    return result;
}
 

関連項目

mallinfo(3), malloc(3), mcheck(3), mtrace(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:24 GMT, March 14, 2018