MALLOC_GET_STATE

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2014-06-13
Index JM Home Page roff page
 

名前

malloc_get_state, malloc_set_state - malloc 実装の状態を保存/復元する  

書式

#include <malloc.h>

void* malloc_get_state(void);

int malloc_set_state(void *state);
 

説明

malloc_get_state() 関数は malloc(3) 内部のすべての管理用変数を記録する (ただし、 ヒープの実際の内容と malloc_hook(3) 関数ポインターの状態は記録されない)。 状態は malloc(3) で動的に確保されたシステム依存の opaque な (内部構造は分からない) データ構造体に記録され、 関数の結果としてそのデータ構造体へのポインターが返される (このメモリーは呼び出し元が責任をもって free(3) する必要がある)。

malloc_set_state() 関数は、 malloc(3) 内部のすべての管理用変数を state が指す opaque なデータ構造体から復元する。  

返り値

成功すると、 malloc_get_state() は新しく割り当てられたデータ構造体へのポインターを返す。 エラーの場合 (例えば、データ構造体に必要なメモリーが割り当てられなかったなど)、 malloc_get_state() は NULL を返す。

成功すると、 malloc_set_state() は 0 を返す。 実装が state が正しく作成されたデータ構造体を指していないと検出した場合、 malloc_set_state() は -1 を返す。 state が参照するデータ構造体のバージョンがこの実装が認識するバージョンよりも新しいと実装が検出した場合、 malloc_set_state() は -2 を返す。  

準拠

これらの関数は GNU による拡張である。  

注意

これらの関数が役に立つのは、 この malloc(3) の実装が共有ライブラリの一部として使用され、 ヒープの内容が何か他の方法で保存/復元される場合である。 この手法は GNU Emacs が「ダンプ」関数 ("dumping" function) を実装するのに使用されている。

これらの関数がフック関数ポインターの保存と復元を行うことはない。 ただし、 2 つ例外がある。 malloc_get_state() が呼び出された際に malloc チェック (mallopt(3) 参照) が使用中の場合、 malloc_set_state() は可能なら malloc チェックフックをリセットする。 また、 保存された状態の malloc チェックが使用中でないが、 呼び出し元が malloc チェックを要求していた場合、 フックは 0 にリセットされる。  

関連項目

malloc(3), mallopt(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:25 GMT, March 14, 2017