LROUND

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2013-08-26
Index JM Home Page roff page
 

名前

lround, lroundf, lroundl, llround, llroundf, llroundl - (0 から遠い方の) 最も近い整数値に丸める  

書式

#include <math.h>

long int lround(double x);

long int lroundf(float x);
long int lroundl(long double x); long long int llround(double x);
long long int llroundf(float x);
long long int llroundl(long double x);

-lm でリンクする。

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

上記の全ての関数:

_XOPEN_SOURCE >= 600 || _ISOC99_SOURCE || _POSIX_C_SOURCE >= 200112L;
or cc -std=c99
 

説明

これらの関数は最も近い整数に引き数を丸める。 現在の丸め方向に関係なく、 0 から遠い方の最も近い整数に引き数は丸められる (現在の丸め方向については fenv(3) 参照)。

関数 round(3), ceil(3) と違い、これらの関数の返り値の型は引き数の型と異なる点に注意すること。  

返り値

これらの関数は丸めた整数値を返す。

x が NaN か無限大の場合、もしくは丸めた値が大き過ぎて long (ll* 関数の場合には long long) に格納できない場合、 領域エラー (domain error) が発生し、返り値は不定となる。  

エラー

これらの関数を呼び出した際にエラーが発生したかの判定方法についての情報は math_error(7) を参照のこと。

以下のエラーが発生する可能性がある。

領域エラー (domain error): x が NaN か無限大、もしくは丸めた値が大き過ぎる
不正 (invalid) 浮動小数点例外 (FE_INVALID) が上がる。

これらの関数は errno を設定しない。  

バージョン

これらの関数は glibc バージョン 2.1 で初めて登場した。  

属性

 

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

関数 lround(), lroundf(), lroundl(), llround(), llroundf(), llroundl() はスレッドセーフである。  

準拠

C99, POSIX.1-2001.  

関連項目

ceil(3), floor(3), lrint(3), nearbyint(3), rint(3), round(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
バージョン
属性
マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)
準拠
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:24 GMT, March 14, 2018