LOGIN

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2004-05-06
Index JM Home Page roff page
 

名前

login, logout - utmp と wtmp エントリーを書き込む  

書式

#include <utmp.h>

void login(const struct utmp *ut);

int logout(const char *ut_line);

-lutil でリンクする。  

説明

utmp ファイルは現在システムを使用しているユーザーを記録する。 wtmp ファイルはすべてのログインとログアウトを記録する。 utmp(5) を参照すること。

関数 login() は与えられた struct utmp ut を utmp と wtmp ファイルの両方に書き込む。

関数 logout() は utmp ファイルにあるエントリーをクリアする。  

GNU 版の詳細

より正確には、 login() は引き数 ut 構造体をとり、(もし存在するならば) フィールド ut->ut_typeUSER_PROCESS という値にし、(もし存在するならば) フィールド ut->ut_pid を呼び出し元プロセスのプロセス ID の値にする。 次にフィールド ut->ut_line の値を設定しようとする。 この関数は、標準入力・標準出力・標準エラー出力の中から端末である最初のものをとり、対応するパス名から先頭の /dev/ を引いたものを このフィールドに格納して、この構造体を utmp ファイルに書き込む。 一方、端末名が見つからない場合は、このフィールドは "???" とされて、 この構造体は utmp ファイルに書き込まれない。 その後にこの構造体は wtmp ファイルに書き込まれる。

logout() 関数は utmp ファイルから ut_line 引き数にマッチするエントリーを探す。 レコードが見つかった場合、 ut_nameut_host フィールドをクリアして、 ut_tv タイムスタンプフィールドを更新し、 (もし存在するならば) ut_type フィールドを DEAD_PROCESS に更新する。  

返り値

エントリーをデータベースに書き込むのに成功した場合、 logout() 関数は 1 を返す。 またエラーが起こった場合、0 を返す。  

ファイル

/var/run/utmp
ユーザーアカウントデータベース。 <paths.h> における _PATH_UTMP で設定されている。
/var/log/wtmp
ユーザーアカウントログファイル。 <paths.h> における _PATH_WTMP で設定されている。
 

準拠

POSIX.1-2001 にはない。 BSD 系に存在する。  

注意

struct utmp のメンバ ut_user は、BSD では ut_name という名前である点に注意すること。 そのため ut_name<utmp.h> において ut_user のエイリアスとして定義されている。  

関連項目

getutent(3), utmp(5)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
GNU 版の詳細
返り値
ファイル
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:24 GMT, March 14, 2018