ISGREATER

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2014-01-27
Index JM Home Page roff page
 

名前

isgreater, isgreaterequal, isless, islessequal, islessgreater, isunordered - NaN に対して例外を発生せずに、浮動小数点数の大小関係の判定を行う  

書式

#include <math.h>

int isgreater(x, y);

int isgreaterequal(x, y);

int isless(x, y);

int islessequal(x, y);

int islessgreater(x, y);

int isunordered(x, y);

-lm でリンクする。

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

ここで説明する全ての関数:

_XOPEN_SOURCE >= 600 || _ISOC99_SOURCE || _POSIX_C_SOURCE >= 200112L;
or cc -std=c99
 

説明

(<、「小なり」のような) 通常の関係操作 (relation operations) は、 オペランドの一方が NaN の場合には失敗する。 これは例外の原因になる。 これを避けるため、C99 では以下のリストに示すマクロを定義している。

これらのマクロでは、引き数を 1 回だけ評価することが保証されている。 引き数には実数の浮動小数点数型を指定しなければならない。 (注意: これらのマクロの引き数に整数値を渡さないこと。なぜなら 整数値の引き数は実数の浮動小数点型に変換されないからである。)

isgreater()
(x) > (y) を決定する。 x または y が NaN でも例外を発生しない。
isgreaterequal()
(x) >= (y) を決定する。 x または y が NaN でも例外を発生しない。
isless()
(x) < (y) を決定する。 x または y が NaN でも例外を発生しない。
islessequal()
(x) <= (y) を決定する。 x または y が NaN でも例外を発生しない。
islessgreater()
(x) < (y) || (x) > (y) を決定する。 x または y が NaN でも例外を発生しない。 このマクロは x != y と等価ではない。 なぜなら、この評価式は x または y が NaN の場合に true となるためである。
isunordered()
引き数が unordered かどうか、つまり引き数の少なくとも一方が NaN かどうか を判定する。
 

返り値

isunordered() 以外のマクロは関係操作の結果を返す。 一方の引き数が NaN の場合、これらのマクロは 0 を返す。

isunordered() は xy が NaN の場合 1 を、 それ以外の場合 0 を返す。  

エラー

エラーは発生しない。  

属性

 

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

マクロ isgreater(), isgreaterequal(), isless(), islessequal(), islessgreater(), isunordered() はスレッドセーフである。  

準拠

C99, POSIX.1-2001.  

注意

これらの関数は全てのハードウェアでサポートされているわけではない。 サポートされていない場合は、マクロでエミュレートされる。 エミュレートされる場合は、性能上での不利となる。 NaN について心配しなくて構わない場合は、 これらの関数を使わないこと。  

関連項目

fpclassify(3), isnan(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
属性
マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:24 GMT, March 14, 2018