ISFDTYPE

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2014-03-13
Index JM Home Page roff page
 

名前

isfdtype - ファイルディスクリプターのファイル種別を検査する  

書式

#include <sys/stat.h>
#include <sys/socket.h>

int isfdtype(int fd, int fdtype);

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

isfdtype():

glibc 2.20 以降:
_DEFAULT_SOURCE
glibc 2.20 より前:
_BSD_SOURCE || _SVID_SOURCE
 

説明

isfdtype() 関数はファイルディスクリプター fd がタイプが fdtype のファイルを参照しているかを検査する。 fdtype 引き数には、<sys/stat.h> で定義されている S_IF* 定数のひとつ (S_IFREG など) を指定する。 S_IF* 定数の説明は stat(2) にある。  

返り値

isfdtype() 関数は、ファイルディスクリプター fd がタイプ fdtype であった場合に 1 を返し、そうでない場合に 0 を返す。 エラーの場合、 -1 を返し、errno に原因を示す値を設定する。  

エラー

isfdtype() 関数は fstat(3) と同じエラーで失敗する。  

準拠

isfdtype() 関数はどの標準でも規定されていないが、 POSIX.1g 標準のドラフトに登場したことはある。 OpenBSD と Tru64 UNIX に存在し、おそらく他のシステムにも存在する (OpenBSD と Tru64 UNIX のどちらの場合でも必要なヘッダーファイルは <sys/stat.h> だけであり、POSIX.1g ドラフトに書かれていたのと同じである)。  

注意

移植性が求められるアプリケーションでは fstat(3) を使用すべきである。  

関連項目

fstat(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:24 GMT, March 14, 2017