RANDOM_R

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2014-03-25
Index JM Home Page roff page
 

名前

random_r, srandom_r, initstate_r, setstate_r - リエントラントな 乱数生成器  

書式

#include <stdlib.h>

int random_r(struct random_data *buf, int32_t *result);

int srandom_r(unsigned int seed, struct random_data *buf);

int initstate_r(unsigned int seed, char *statebuf,
                size_t statelen, struct random_data *buf);

int setstate_r(char *statebuf, struct random_data *buf);

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

random_r(), srandom_r(), initstate_r(), setstate_r():

_SVID_SOURCE || _BSD_SOURCE
 

説明

これらの関数は、 random(3) で説明されている関数のリエントラント版で、等価な機能を持つ。 これらは、独立した再現可能な乱数列を各スレッドが得る必要があるような マルチスレッドプログラムでの使用に適している。

random_r() 関数は random(3) と同様だが、 大域変数 (global variable) で管理される状態情報を使うのではなく、 buf が指す引き数に格納された状態情報を使う。 生成された乱数は引き数 result に格納されて返される。

srandom_r() 関数は srandom(3) と同様だが、 大域変数で管理される状態に対応する乱数生成器の種ではなく、 buf が指すオブジェクトで管理される状態に対応する乱数生成器の種を 初期化する。

initstate_r() 関数は initstate(3) と同様だが、大域変数で管理される状態を初期化するのではなく、 buf が指すオブジェクト内の状態を初期化する。

setstate_r() 関数は setstate(3) と同様だが、大域変数で管理される状態を変更するのではなく、 buf が指すオブジェクト内の状態を変更する。  

返り値

これらの関数はすべて、成功すると 0 を返す。 エラーの場合、-1 を返し、 errno にエラーの原因を示す値がセットされる。  

エラー

EINVAL
8 バイトより小さい状態配列が initstate_r() に指定された。
EINVAL
setstate_r() の引き数 statebufbuf が NULL であった。
EINVAL
random_r() の引き数 bufresult が NULL であった。
 

属性

 

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

関数 random_r(), srandom_r(), initstate_r(), setstate_r() はスレッドセーフである。  

準拠

これらの関数は非標準で glibc による拡張である。  

関連項目

drand48(3), rand(3), random(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
属性
マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)
準拠
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:26 GMT, March 14, 2018