INFNAN

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 1993-06-02
Index JM Home Page roff page
 

名前

infnan - 無限大と無効値 (NaN) を取扱う  

書式

#include <math.h>

double infnan(int error);

-lm でリンクする。  

説明

関数 infnan() は無限大と無効値 (NaN) の結果に対する適切な値を返す。 error の値は、無限大を表す ERANGE か NaN を表すそれ以外の値である。 errno も同様に設定される。  

返り値

errorERANGE (無限大) の場合、 HUGE_VAL が返される。

error が -ERANGE (負の無限大) の場合、 -HUGE_VAL が返される。

error がそれ以外の値の場合、NaN が返される。  

エラー

EDOM
error の値が無効値 (NaN) である。
ERANGE
error の値が正の無限大もしくは負の無限大である。
 

準拠

4.3BSD.  

注意

この廃止された (obsolete) 関数は、 libc4 と libc5 で提供されていたが、 glibc2 では提供されていない。  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
準拠
注意
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:23 GMT, March 14, 2018