GETUMASK

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2010-09-10
Index JM Home Page roff page
 

名前

getumask - ファイル作成マスクを取得する  

書式

#define _GNU_SOURCE /* feature_test_macros(7) 参照 */
#include <sys/types.h>
#include <sys/stat.h>

mode_t getumask(void);  

説明

この関数は現在のファイル作成マスクを返す。 基本的には以下と等価である。

mode_t getumask(void)
{
    mode_t mask = umask( 0 );
    umask(mask);
    return mask;
}

ドキュメントによると、この関数は スレッドセーフである (umask(2) ライブラリコールとロックを共有する) 点が異なる。  

準拠

ドキュメントに書いてあるだけの GNU 拡張である。  

注意

バージョン 2.9 時点の glibc では、 この関数についての記載はあるが、まだ実装されていない。  

関連項目

umask(2)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:23 GMT, March 14, 2018