GETS

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2014-01-24
Index JM Home Page roff page
 

名前

gets - 標準入力からの文字列を取得する (非推奨)  

書式

#include <stdio.h>

char *gets(char *s);
 

説明

この関数は使用しないこと

gets() は、改行文字か EOF までの 1行を stdin から読み込み s が指すバッファーに格納する (末尾の改行文字や EOF はヌルバイト ('\0') に置き換えられる)。 バッファーオーバーランのチェックは行われない (下記の「バグ」を参照)。  

返り値

gets() は、成功すると s を返し、エラーや 1 文字も読み込んでいないのにファイルの終わりになった 場合に NULL を返す。 しかし、バッファーの行き過ぎのチェックが行われないため、この関数が返るという保証はない。  

準拠

C89, C99, POSIX.1-2001.

LSB は gets() を非推奨としている。 POSIX.1-2008 では gets() に廃止予定の印が付けられている。 ISO C11 では gets)() の規定が C 言語から削除されている。 glibc バージョン 2.16 以降では、機能検査マクロ _ISOC11_SOURCE が定義された 場合、glibc ヘッダーファイルでは gets)() の宣言が公開されない。  

バグ

gets() は絶対に使用してはならない。 前もってデータを知ることなしに gets() が何文字読むかを知ることはできず、 gets() がバッファーの終わりを越えて書き込み続けるため、 gets() を使うのは極めて危険である。 これを利用してコンピュータのセキュリティが破られてきた。 代わりに fgets() を使うこと。

詳しい情報については、CWE-242 (別名 "Use of Inherently Dangerous Function" (「本質的に危険な関数を使う」)) を参照。 http://cwe.mitre.org/data/definitions/242.html で参照できる。  

関連項目

read(2), write(2), ferror(3), fgetc(3), fgets(3), fgetwc(3), fgetws(3), fopen(3), fread(3), fseek(3), getline(3), getwchar(3), puts(3), scanf(3), ungetwc(3), unlocked_stdio(3), feature_test_macros(7)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
準拠
バグ
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:23 GMT, March 14, 2017