GETPWNAM

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2013-07-22
Index JM Home Page roff page
 

名前

getpwnam, getpwnam_r, getpwuid, getpwuid_r - パスワードファイルのエントリーの取得  

書式

#include <sys/types.h>
#include <pwd.h>

struct passwd *getpwnam(const char *name);

struct passwd *getpwuid(uid_t uid);

int getpwnam_r(const char *name, struct passwd *pwd,

char *buf, size_t buflen, struct passwd **result); int getpwuid_r(uid_t uid, struct passwd *pwd,
char *buf, size_t buflen, struct passwd **result);

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

getpwnam_r(), getpwuid_r():

_POSIX_C_SOURCE >= 1 || _XOPEN_SOURCE || _BSD_SOURCE || _SVID_SOURCE || _POSIX_SOURCE
 

説明

getpwnam() 関数は、ユーザー名 name にマッチするパスワードデータベースのエントリーを 要素毎に分解し、各要素を格納した構造体へのポインターを返す (パスワードデータベースの例: ローカルのパスワードファイル /etc/passwd, NIS, LDAP)。

getpwuid() 関数は、ユーザー ID uid にマッチするパスワードデータベースのエントリーを 要素毎に分解し、各要素を格納した構造体へのポインターを返す。

passwd 構造体は、<pwd.h> で以下のように定義されている:

struct passwd {
    char   *pw_name;       /* ユーザー名 */
    char   *pw_passwd;     /* ユーザーのパスワード */
    uid_t   pw_uid;        /* ユーザー ID */
    gid_t   pw_gid;        /* グループ ID */
    char   *pw_gecos;      /* ユーザー情報 */
    char   *pw_dir;        /* ホームディレクトリ */
    char   *pw_shell;      /* シェルプログラム */
};

これらのフィールドの詳しい情報については passwd(5) を参照のこと。

getpwnam_r() と getpwuid_r() 関数は、それぞれgetpwnam() と getpwuid() と同じ情報を取得するが、取得した passwd 構造体を pwd が指す領域に格納する。passwd 構造体のメンバーが指す文字列は、 サイズ buflen のバッファー buf に格納される。成功した場合 *result には結果へのポインターが格納される。エントリーが見つからなかった 場合やエラーが発生した場合には *result には NULL が入る。

呼び出し


    sysconf(_SC_GETPW_R_SIZE_MAX)

は、 errno を変更せずに -1 を返すか、 buf の初期サイズの推奨値を 返す。(このサイズが小さすぎる場合、呼び出しは ERANGE で失敗し、この 場合には呼び出し側はバッファーを大きくしてから再度呼び出すことができる。)  

返り値

getpwnam() と getpwuid() 関数は、 passwd 構造体へのポインターを返す。 一致するエントリーが見つからなかった場合や、エラーが発生した場合は NULL を返す。 エラーが起こった場合、 errno が適切に設定される。 呼び出しの後で errno をチェックしたい場合は、 呼び出しの前に (この値を) 0 に設定しておくべきである。

返り値は静的な領域を指しており、その後の getpwent(3), getpwnam(), getpwuid() の呼び出しで上書きされるかもしれない。 (返されたポインターを free(3) に渡さないこと。)

成功すると、 getpwnam_r() と getpwuid_r() は 0 を返し、 *resultpwd を設定する。 マッチするパスワードエントリーが見つからなかった場合には、 0 を返し、 *result に NULL を設定する。 エラーの場合、エラー番号を返し、 *result に NULL を設定する。  

エラー

0 または ENOENT または ESRCH または EBADF または EPERM または ...
指定された name または uid が見つからなかった。
EINTR
シグナルが捕捉された。
EIO
I/O エラー。
EMFILE
呼び出し元プロセスがオープンしているファイル数が すでに上限 (OPEN_MAX) であった。
ENFILE
システムでオープンされているファイル数がすでに上限であった。
ENOMEM
passwd 構造体に割り当てるメモリーが十分なかった。
ERANGE
与えられたバッファー空間が不十分である。
 

ファイル

/etc/passwd
ローカルのパスワードデータベースファイル
 

属性

 

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

関数 getpwnam() と getpwuid() はスレッドセーフではない。

関数 getpwnam_r() と getpwuid_r() はスレッドセーフである。  

準拠

SVr4, 4.3BSD, POSIX.1-2001. pw_gecos フィールドは POSIX では規定されていないが、 ほとんどの実装に存在する。  

注意

上記の「返り値」以下の記述は POSIX.1-2001 に拠る。 この標準は「(エントリーが) 見つからないこと」をエラーとしていないので、 そのような場合に errno がどのような値になるかを定めていない。 そのため、エラーを認識することは不可能である。 POSIX に準拠して、エントリーが見つからない場合は errno を変更しないようにすべきである、と主張する人もいるかもしれない。 様々な UNIX 系のシステムで試してみると、そのような場合には 0, ENOENT, EBADF, ESRCH, EWOULDBLOCK, EPERM といった様々な値が返される。 他の値が返されるかもしれない。

フィールド pw_dir には、ユーザーの作業ディレクトリ名の初期値が格納される。 ログインプロセスは、このフィールドの値を使って、 ログインシェルの HOME 環境変数を初期化する。 アプリケーションが、ユーザーのホームディレクトリを決定する場合には、 (getpwuid(getuid())->pw_dir の値ではなく) HOME の値を検査するようにすべきである。 なぜなら、このようにすることで、ユーザーがログインセッション中で 「ホームディレクトリ」の意味を変更できるようになるからである。 別のユーザーのホームディレクトリ (の初期値) を知るには getpwnam("username")->pw_dir か同様の方法を使う必要がある。  

以下のプログラムは getpwnam_r() の使用例を示したもので、コマンドライン引き数で渡されたユーザー名に対する 完全なユーザー名とユーザー ID を探すものである。

#include <pwd.h>
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <unistd.h>
#include <errno.h>

int
main(int argc, char *argv[])
{
    struct passwd pwd;
    struct passwd *result;
    char *buf;
    size_t bufsize;
    int s;

    if (argc != 2) {
        fprintf(stderr, "Usage: %s username\n", argv[0]);
        exit(EXIT_FAILURE);
    }

    bufsize = sysconf(_SC_GETPW_R_SIZE_MAX);
    if (bufsize == -1)          /* 値を決定できなかった */
        bufsize = 16384;        /* 十分大きな値にすべき */

    buf = malloc(bufsize);
    if (buf == NULL) {
        perror("malloc");
        exit(EXIT_FAILURE);
    }

    s = getpwnam_r(argv[1], &pwd, buf, bufsize, &result);
    if (result == NULL) {
        if (s == 0)
            printf("Not found\n");
        else {
            errno = s;
            perror("getpwnam_r");
        }
        exit(EXIT_FAILURE);
    }

    printf("Name: %s; UID: %ld\n", pwd.pw_gecos, (long) pwd.pw_uid);
    exit(EXIT_SUCCESS);
}
 

関連項目

endpwent(3), fgetpwent(3), getgrnam(3), getpw(3), getpwent(3), getspnam(3), putpwent(3), setpwent(3), passwd(5)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
ファイル
属性
マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:23 GMT, March 14, 2017