GETPROTOENT_R

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2010-09-10
Index JM Home Page roff page
 

名前

getprotoent_r, getprotobyname_r, getprotobynumber_r - プロトコル エントリーを取得する (リエントラント版)  

書式

#include <netdb.h>

int getprotoent_r(struct protoent *result_buf, char *buf,
                size_t buflen, struct protoent **result);

int getprotobyname_r(const char *name,
                struct protoent *result_buf, char *buf,
                size_t buflen, struct protoent **result);

int getprotobynumber_r(int proto,
                struct protoent *result_buf, char *buf,
                size_t buflen, struct protoent **result);

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

getprotoent_r(), getprotobyname_r(), getprotobynumber_r():

_BSD_SOURCE || _SVID_SOURCE
 

説明

関数 getprotoent_r(), getprotobyname_r(), getprotobynumber_r() は、それぞれ getprotoent(3), getprotobyname(3), getprotobynumber(3) のリエントラント版である。 protoent 構造体の返し方と、関数呼び出し時の引き数と返り値が異なる。 このマニュアルページでは、リエントラントでない関数との違いだけを 説明する。

これらの関数は、関数の結果として静的に割り当てられた protoent 構造体 へのポインターを返すのではなく、 protoent 構造体を result_buf が 指す場所にコピーする。

配列 buf は、返される protoent 構造体が指す文字列フィールドを 格納するのに使用される (リエントラントでない関数の場合は、 これらの文字列は静的な領域に格納される)。 この配列の大きさは buflen で指定される。 buf が小さすぎる場合、関数呼び出しはエラー ERANGE で失敗し、 呼び出し側ではもっと大きなバッファーで再度呼び出す必要がある (ほとんどの アプリケーションでは、長さ 1024 バイトのバッファーで十分なはずである)。

関数呼び出しでプロトコルレコードの取得に成功すると、 *resultresult_buf を指すように設定される。 それ以外の場合は *result に NULL が設定される。  

返り値

成功すると、これらの関数は 0 を返す。エラーの場合、「エラー」の節の リストにある正のエラー番号のいずれかを返す。

エラーの場合、レコードが見つからなかった場合 (getprotobyname_r(), getprotobyaddr_r()) やこれ以上レコードがない場合 (getprotoent_r())、result には NULL が設定される。  

エラー

ENOENT
(getprotoent_r()) データベースにこれ以上レコードがない。
ERANGE
buf が小さすぎる。もっと大きなバッファーにして (または buflen を増やして) 再度呼び出すこと。
 

準拠

これらの関数は GNU による拡張である。 他のシステムにも同様の名前の関数が存在する場合があるが、 通常は関数の引き数が異なる。  

以下のプログラムは、 getprotobyname_r() を使って、最初のコマンド ライン引き数で指定された名前のプロトコルのレコードを取得する。 二番目のコマンドライン引き数 (整数値) が指定された場合は、 その値が buflen の初期値として使用される。 getprotobyname_r() がエラー ERANGE で失敗すると、プログラムは より大きなバッファーサイズで再度 getprotobyname_r を呼び出す。 下記のシェルのセッションは、実行例を示している。

$ ./a.out tcp 1
ERANGE! Retrying with larger buffer
getprotobyname_r() returned: 0 (success)  (buflen=78)
p_name=tcp; p_proto=6; aliases=TCP
$ ./a.out xxx 1
ERANGE! Retrying with larger buffer
getprotobyname_r() returned: 0 (success)  (buflen=100)
Call failed/record not found
 

プログラムのソース

#define _GNU_SOURCE
#include <ctype.h>
#include <netdb.h>
#include <stdlib.h>
#include <stdio.h>
#include <errno.h>
#include <string.h>

#define MAX_BUF 10000

int
main(int argc, char *argv[])
{
    int buflen, erange_cnt, s;
    struct protoent result_buf;
    struct protoent *result;
    char buf[MAX_BUF];
    char **p;

    if (argc < 2) {
        printf("Usage: %s proto-name [buflen]\n", argv[0]);
        exit(EXIT_FAILURE);
    }

    buflen = 1024;
    if (argc > 2)
        buflen = atoi(argv[2]);

    if (buflen > MAX_BUF) {
        printf("Exceeded buffer limit (%d)\n", MAX_BUF);
        exit(EXIT_FAILURE);
    }

    erange_cnt = 0;
    do {
        s = getprotobyname_r(argv[1], &result_buf,
                     buf, buflen, &result);
        if (s == ERANGE) {
            if (erange_cnt == 0)
                printf("ERANGE! Retrying with larger buffer\n");
            erange_cnt++;

            /* Increment a byte at a time so we can see exactly
               what size buffer was required */

            buflen++;

            if (buflen > MAX_BUF) {
                printf("Exceeded buffer limit (%d)\n", MAX_BUF);
                exit(EXIT_FAILURE);
            }
        }
    } while (s == ERANGE);

    printf("getprotobyname_r() returned: %s  (buflen=%d)\n",
            (s == 0) ? "0 (success)" : (s == ENOENT) ? "ENOENT" :
            strerror(s), buflen);

    if (s != 0 || result == NULL) {
        printf("Call failed/record not found\n");
        exit(EXIT_FAILURE);
    }

    printf("p_name=%s; p_proto=%d; aliases=",
                result_buf.p_name, result_buf.p_proto);
    for (p = result_buf.p_aliases; *p != NULL; p++)
        printf("%s ", *p);
    printf("\n");

    exit(EXIT_SUCCESS);
}
 

関連項目

getprotoent(3), protocols(5)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
準拠
プログラムのソース
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:23 GMT, March 14, 2017