GETPROTOENT

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2008-08-19
Index JM Home Page roff page
 

名前

getprotoent, getprotobyname, getprotobynumber, setprotoent, endprotoent - プロトコルのエントリーを取得する  

書式

#include <netdb.h>

struct protoent *getprotoent(void);

struct protoent *getprotobyname(const char *name);

struct protoent *getprotobynumber(int proto);

void setprotoent(int stayopen);

void endprotoent(void);
 

説明

getprotoent() 関数は、プロトコルのデータベース (protocols(5) 参照) から次のエントリーを読み込み、 そのエントリーを protoent 構造体の要素別のフィールドに格納し、 その構造体を返す。 必要であれば、データベースへの接続がオープンされる。

getprotobyname() 関数は、プロトコル名 name にマッチするエントリーを データベースから探し、そのエントリーを収めた protoent 構造体を返す。 必要であれば、データベースへの接続がオープンされる。

getprotobynumber() 関数は、プロトコル番号 number にマッチするエントリーを データベースから探し、そのエントリーを収めた protoent 構造体を返す。 必要であれば、データベースへの接続がオープンされる。

setprotoent() 関数はデータベースへの接続をオープンし、 次の読み込みエントリーを先頭のエントリーに設定する。 stayopen が 0 でない場合、 一つ一つの getproto*() 関数の呼び出し間でデータベースへの接続をクローズしない。

endprotoent() 関数はデータベースへの接続をクローズする。

protoent 構造体は <netdb.h> で以下のように定義されている。

struct protoent {
    char  *p_name;       /* official protocol name */
    char **p_aliases;    /* alias list */
    int    p_proto;      /* protocol number */
}

protoent 構造体のメンバーは以下の通り。

p_name
プロトコルの正式名 (official name)。
p_aliases
プロトコルの別名のリスト。 リストはヌルで終端される。
p_proto
プロトコルの番号
 

返り値

getprotoent(), getprotobyname(), getprotobynumber() 関数は、静的に割り当てられた protoent 構造体へのポインターを返す。 エラーが起こったり、ファイルの最後に達した場合は NULL を返す。  

ファイル

/etc/protocols
プロトコルのデータベースファイル
 

準拠

4.3BSD, POSIX.1-2001.  

関連項目

getnetent(3), getprotoent_r(3), getservent(3), protocols(5)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
ファイル
準拠
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:23 GMT, March 14, 2017