GETPASS

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2014-08-19
Index JM Home Page roff page
 

名前

getpass - パスワードを取得する  

書式

#include <unistd.h>

char *getpass(const char *prompt);

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

getpass():

glibc 2.2.2 以降:
_BSD_SOURCE ||
    (_XOPEN_SOURCE >= 500 ||
        _XOPEN_SOURCE && _XOPEN_SOURCE_EXTENDED) &&
    !(_POSIX_C_SOURCE >= 200112L || _XOPEN_SOURCE >= 600)
glibc 2.2.2 より前:
なし
 

説明

この関数は時代遅れ (obsolete) である。使用しないこと。端末のエコーを有効にせずに入力の読み込みを行いたい場合は、 termios(3) の ECHO フラグの説明を参照のこと。

getpass() 関数は /dev/tty (プロセスの制御端末) をオープンし、文字列 prompt を出力する。そして echo をオフにし、一行 (「パスワード」) を読み込み、端末の状態を元に戻して、再び /dev/tty をクローズする。  

返り値

getpass() 関数は入力されたパスワード (の最初の PASS_MAX バイトまで) が書きこまれた、 スタティックなバッファーへのポインターを返す。 末尾の改行は含まれない。この文字列はヌルバイト ('\0') で終端される。 このバッファーは、以降の関数コールで上書きされるかもしれない。 エラーが起こると、端末の状態を復元し、 errno を適切な値に設定して、NULL を返す。  

エラー

この関数は以下のような場合に失敗しうる。
ENXIO
プロセスが制御端末を持っていない。
 

ファイル

/dev/tty  

属性

 

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

getpass() 関数はスレッドセーフではない。  

準拠

SUSv2 には存在するが、過去の名残 (LEGACY) と位置付けられている。 POSIX.1-2001 で削除された。  

注意

GNU C ライブラリの実装では、 /dev/tty がオープンできない場合は promptstderr に書き出され、パスワードは stdin から読み込まれた。 パスワードの長さには制限はなく、 行編集も無効にはされなかった。

SUSv2 によれば、 PASS_MAX の値が 8 以下の場合は、この値は <limits.h> で定義されていなければならない。 いずれの場合でもこの値は sysconf(_SC_PASS_MAX) によって取得できる。 しかし、POSIX.2 は定数 PASS_MAX, _SC_PASS_MAX と関数 getpass() を取り下げた。 glibc 版は _SC_PASS_MAX を受け付け、 BUFSIZE (例えば 8192) を返す。  

バグ

この関数を呼び出したプロセスは、 できる限り早くそのパスワードを消去 (ゼロクリア) し、 クリアテキストのパスワードが そのプロセスのアドレス空間で見えないようにすべきである。  

関連項目

crypt(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
ファイル
属性
マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)
準拠
注意
バグ
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:23 GMT, March 14, 2018