FPUTWC

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2013-04-19
Index JM Home Page roff page
 

名前

fputwc, putwc - ワイド文字を FILE ストリームに書き込む  

書式

#include <stdio.h>

#include <wchar.h> wint_t fputwc(wchar_t wc, FILE *stream); wint_t putwc(wchar_t wc, FILE *stream);
 

説明

fputwc() 関数は、 fputc(3) に対応するワイド文字関数である。この 関数は、ワイド文字 wcstream に書き込む。 ferror(stream) が真になると、この関数は WEOF を返す。 ワイド文字変換でエラーが発生した場合は、 errnoEILSEQ をセットし、 WEOF を返す。 それ以外の場合では、この関数は wc を返す。

putwc() 関数あるいはマクロは、 fputwc() と全く同じ動作をする。 この関数はマクロとして実装されるかもしれないので、引き数が複数回評価さ れるかもしれない。この関数を使う理由はもはや存在しない。

これらの処理を停止せずに行いたいときは、 unlocked_stdio(3) を参照のこと。  

返り値

fputwc() 関数は、エラーが起きなければ wc を返す。エラーの場合には WEOF が返り、 errno にエラーの原因を示す値が設定される。  

エラー

通常のエラーに加えて、以下のエラーがある:
EILSEQ
wc からストリームの符号への変換に失敗した。
 

準拠

C99, POSIX.1-2001.  

注意

fputwc() の動作は現在のロケールの LC_CTYPE カテゴリーに依存する。

fopen(3) システムコールに渡す追加情報がない場合には、 fputwc() は 実際にはワイド文字 wc に対応するマルチバイトシーケンスを書き込むと 期待してよい。  

関連項目

fgetwc(3), fputws(3), unlocked_stdio(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:22 GMT, March 14, 2018