FGETGRENT

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2014-08-19
Index JM Home Page roff page
 

名前

fgetgrent - グループファイルエントリーの取り出し  

書式

#include <stdio.h>
#include <sys/types.h>
#include <grp.h>

struct group *fgetgrent(FILE *stream);

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

fgetgrent(): _SVID_SOURCE  

説明

fgetgrent() 関数は、 stream で参照されるファイルから取り出したグループ情報 を含む構造体へのポインターを返す。最初に呼び出された時は 最初のエントリーを返し、それ以降は、次のエントリーを返す。 stream で参照されるファイルは、 /etc/group と同じ形式でなければならない (group(5) 参照)。

group 構造体は <grp.h> で以下のように定義されている:

struct group {
    char   *gr_name;        /* グループ名 */
    char   *gr_passwd;      /* グループのパスワード */
    gid_t   gr_gid;         /* グループ ID */
    char  **gr_mem;         /* グループのメンバ名へのポインター
                               の配列 (配列はヌルで終端する) */
};
 

返り値

fgetgrent() 関数は group 構造体へのポインターを返す。 これ以上エントリーが無いか、エラーが発生した場合は NULL を返す。 エラーの場合、 errno に原因を示す値が設定される。  

エラー

ENOMEM
group 構造体を割り当てるためのメモリーが不十分。
 

準拠

SVr4.  

関連項目

endgrent(3), fgetgrent_r(3), fopen(3), getgrent(3), getgrgid(3), getgrnam(3), putgrent(3), setgrent(3), group(5)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
準拠
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:22 GMT, March 14, 2018