FCLOSE

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2015-01-22
Index JM Home Page roff page
 

名前

fclose - ストリームを閉じる  

書式

#include <stdio.h>

int fclose(FILE *stream);  

説明

fclose() 関数は、 stream が指すストリームを (バッファーリングされて いた全ての出力データを fflush(3) を用いて書き込んで) フラッシュし、 対応するファイルディスクリプターをクローズする。  

返り値

関数が正常に終了すると 0 が返される。 正常に終了しなかった場合には EOF が返され、 errno がエラーを示すために設定される。 どちらの場合も、そのストリームに対する (fclose() へのさらなる呼び出しを含む) それ以上のアクセスは 未定義の動作を生じさせる。  

エラー

EBADF
stream の基となるファイルディスクリプターが不正である。

fclose() 関数はこれ以外にも close(2), write(2), fflush(3) のルーチンで失敗することがある。その場合は errno が、失敗したルーチンで設定された値に設定される。  

準拠

C89, C99.  

注意

fclose() は C ライブラリで提供されたユーザー空間バッファーだけをフラッシュする点に注意すること。 データを確実に物理的にディスクに記録するためには カーネルバッファーも (sync(2) や fsync(2) を用いて) フラッシュしなければならない。  

関連項目

close(2), fcloseall(3), fflush(3), fopen(3), setbuf(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:22 GMT, March 14, 2017