EXIT

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2014-03-25
Index JM Home Page roff page
 

名前

exit - プロセスの正常終了  

書式

#include <stdlib.h>

void exit(int status);
 

説明

exit() 関数は、プロセスを正常に終了させ、 status & 0377 という値を親プロセスへ返す (wait(2) を参照)。

atexit(3) や on_exit(3) によって 登録された全ての関数は、それらが登録された順番と逆順にコールされる。 (登録された関数の中で atexit(3) or on_exit(3) を使って exit 処理中に実行される追加の関数を登録することができる; 新規に登録された関数は、この後で実行される関数リストの先頭に 追加される。) これらの関数の一つが返らなかった場合 (例えば、その関数が _exit(2) を呼び出したり、シグナルで自分自身を kill した場合)、 残りの関数はどれも呼び出されず、それ以降の exit 処理 (特に stdio(3) ストリームのフラッシュなど) は中止される。 ある関数が atexit(3) や on_exit(3) を使って複数回登録されていた場合、 その関数は登録されたのと同じ回数だけ呼び出される。

オープン中の stdio(3) ストリームは全てフラッシュされて、クローズされる。 tmpfile(3) によって作成されたファイルは削除される。

C 標準では EXIT_SUCCESSEXIT_FAILURE という 2つの定数が 定義されている。それぞれ正常終了と異常終了を示すもので、 exit() として渡すことができる。  

返り値

exit() 関数は返らない。  

属性

 

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

exit() 関数は保護されていないグローバル変数を使用しているため、スレッドセーフではない。  

準拠

SVr4, 4.3BSD, POSIX.1-2001, C89, C99.  

注意

atexit(3) や on_exit(3) を使って登録された関数の中で exit() か longjmp(3) が呼び出された場合、 何が起こるかは未定義である。 execve(2) を呼び出すと、 atexit(3) や on_exit(3) を使って登録された関数が削除される点に注意すること。

EXIT_SUCCESSEXIT_FAILURE を使うと、0 や (1 や -1 といった) 0 以外の値を使うのに比べて (UNIX 以外の環境に) 移植するのがいくらか簡単になる。 特に VMS は別の方式を用いている。

BSD は終了コードを標準化しようとしている; <sysexits.h> を参照すること。

exit() の後、親プロセスに終了ステータスが渡されなければならない。 終了ステータスの渡し方には 3 つの場合がある。 親プロセスが SA_NOCLDWAIT を設定した場合、 または SIGCHLD ハンドラーを SIG_IGN に設定した場合、 ステータスは破棄される。 親プロセスが子プロセスの終了を待っている場合、 親プロセスに終了ステータスが伝えられる。 どちらの場合でも exit のプロセスは直ちに終了する。 「終了ステータスを関知せず終了も待たない」 ということを親プロセスが指示していない場合、 exit プロセスは (終了ステータスを表す 1 バイトのみを保持する) 「ゾンビ」プロセスになる。 これにより、後から wait(2) 関数を呼び出すことで、 親プロセスは終了ステータスを知ることができる。

SIGCHLD シグナルのサポートが実装されている場合、 このシグナルは親プロセスに送られる。 親プロセスが SA_NOCLDWAIT を設定した場合、 SIGCHLD シグナルが送られるかどうかは定義されていない。

そのプロセスがセッションのリーダーで、 そのプロセスの制御端末がそのセッションの制御端末である場合、 この制御端末のフォアグラウンドプロセスグループにある 各プロセスに SIGHUP シグナルが送られ、端末がセッションから切り離される。 これにより新しい制御プロセスを取得することができる。

プロセスが終了することにより、プロセスグループが孤立して、 そのグループのメンバーのうちのどれかが停止した場合、 プロセスグループの各プロセスに対して SIGHUP シグナルが送られ、続いて SIGCONT シグナルが送られる。 孤立した (orphaned) プロセスグループの説明は setpgid(2) を参照。  

関連項目

_exit(2), setpgid(2), wait(2), atexit(3), on_exit(3), tmpfile(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
属性
マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:22 GMT, March 14, 2017