DUPLOCALE

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2014-03-12
Index JM Home Page roff page
 

名前

duplocale - ロケールオブジェクトを複製する  

書式

#include <locale.h>

locale_t duplocale(locale_t locobj);

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

duplocale():

glibc 2.10 以降:
_XOPEN_SOURCE >= 700
glibc 2.10 より前:
_GNU_SOURCE
 

説明

duplocale() 関数は locobj が参照するロケールオブジェクトの複製を作成する。

locobjLC_GLOBAL_LOCALE の場合、 duplocale() は setlocale(3) により判定されたグローバルロケールのコピーを含むロケールオブジェクトを作成する。  

返り値

成功すると、 duplocale() は新しいロケールオブジェクトのハンドルを返す。 エラーの場合、 (locale_t) 0 を返し、 errno にエラーの原因を示す値を設定する。  

エラー

ENOMEM
ロケールオブジェクトの複製を作成するのに十分なメモリーがない。
 

バージョン

duplocale() 関数は GNU C ライブラリのバージョン 2.3 で初めて登場した。  

準拠

POSIX.1-2008.  

注意

ロケールの複製は以下のことを行う際に役立つ。
*
ロケールオブジェクトのコピーを作成し、 (newlocale(3) を使って) いくつかのカテゴリーだけを変更する。
*
現在のロケールに対するハンドルを取得する。 このハンドルはロケールハンドルを受け取る他の関数 (toupper_l(3) など) で使用できる。 これを行うには、 以下の呼び出しが返した値を duplocale() に渡せばよい。


    loc = uselocale((locale_t) 0);

上記の uselocale(3) の呼び出しは値 LC_GLOBAL_LOCALE を返すことがあり、 この値を toupper_l(3) などの関数に渡した場合の動作は不定なので、 この方法は必要である。 duplocale() を呼び出すことで、確実に LC_GLOBAL_LOCALE が使用可能なロケールオブジェクトに変換することができる。 下記の「例」を参照。

duplocale() で作成された各ロケールオブジェクトは freelocale(3) を使って解放すべきである。  

以下のプログラムでは、 toupper_l(3) に渡す現在のロケールのハンドルを取得するのに uselocale(3) と duplocale() を使用する。 このプログラムはコマンドライン引き数として文字列を一つ取る。この文字列は、大文字に変換され、標準出力に表示される。 以下は使用例である。

$ ./a.out abc
ABC
 

プログラムのソース

#define _XOPEN_SOURCE 700
#include <ctype.h>
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <locale.h>

#define errExit(msg)    do { perror(msg); exit(EXIT_FAILURE); \
                        } while (0)

int
main(int argc, char *argv[])
{
    locale_t loc, nloc;
    char *p;

    if (argc != 2) {
        fprintf(stderr, "Usage: %s string\n", argv[0]);
        exit(EXIT_FAILURE);
    }

    /* この一連の処理は必要である。 uselocale() は toupper_l() の
       引き数として渡すことができない値 LC_GLOBAL_LOCALE を返す
       可能性があるからである。 */

    loc = uselocale((locale_t) 0);
    if (loc == (locale_t) 0)
        errExit("uselocale");

    nloc = duplocale(loc);
    if (nloc == (locale_t) 0)
        errExit("duplocale");

    for (p = argv[1]; *p; p++)
        putchar(toupper_l(*p, nloc));

    printf("\n");

    freelocale(nloc);

    exit(EXIT_SUCCESS);
}
 

関連項目

freelocale(3), newlocale(3), setlocale(3), uselocale(3), locale(5), locale(7)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
バージョン
準拠
注意
プログラムのソース
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:22 GMT, March 14, 2018