DIFFTIME

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2013-10-28
Index JM Home Page roff page
 

名前

difftime - 時刻の間隔の計算  

書式

#include <time.h>

double difftime(time_t time1, time_t time0);
 

説明

関数 difftime() は時刻 time0 から 時刻 time1 までの経過時間を double 型で返す。各々の時刻はカレンダー時間で指定する。 つまり、紀元 (Epoch; 1970-01-01 00:00:00 +0000 (UTC)) からの 経過時間を秒単位で指定する。  

属性

 

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

difftime() 関数はスレッドセーフである。  

準拠

SVr4, 4.3BSD, C89, C99.  

注意

POSIX システムでは time_t は数値型なので、引き算の際に起こる可能性のあるオーバーフローを 気にしない場合は、単純に

#define difftime(t1,t0) (double)(t1 - t0)

と定義できる。  

関連項目

date(1), gettimeofday(2), time(2), ctime(3), gmtime(3), localtime(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
属性
マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:22 GMT, March 14, 2017