CLOCK_GETCPUCLOCKID

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2013-07-04
Index JM Home Page roff page
 

名前

clock_getcpuclockid - プロセスの CPU 時刻のクロック ID を取得する  

書式

#include <time.h>

int clock_getcpuclockid(pid_t pid, clockid_t *clock_id);

-lrt とリンクする (バージョン 2.17 より前の glibc のみ)

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

clock_getcpuclockid():

_XOPEN_SOURCE >= 600 || _POSIX_C_SOURCE >= 200112L
 

説明

clock_getcpuclockid() 関数は、 プロセス ID が pid のプロセスの CPU 時刻のクロック ID を取得し、 その ID を clock_id が指す場所に入れて返す。 pid が 0 の場合、 呼び出し元のプロセスの CPU 時刻のクロック ID が返される。  

返り値

成功すると、 clock_getcpuclockid() は 0 を返す。 エラーの場合、 「エラー」の節のリストにある正のエラー番号のいずれかを返す。  

エラー

ENOSYS
カーネルが他のプロセスのプロセス単位の CPU 時刻のクロックの取得に対応しておらず、 かつ pid が呼び出し元のプロセスを指していなかった。
EPERM
呼び出し元プロセスが pid で指定されたプロセスの CPU 時刻のクロックにアクセスする許可を持っていなかった。(POSIX.1-2001 では任意のエラーとして規定されている。 カーネルが他のプロセスのプロセス単位の CPU 時刻のクロックの取得に対応していない場合には、 このエラーは発生しない。)
ESRCH
ID が pid のプロセスが存在しない。
 

バージョン

clock_getcpuclockid() 関数は glibc バージョン 2.2 以降で利用可能である。  

属性

 

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

clock_getcpuclockid() 関数はスレッドセーフである。  

準拠

POSIX.1-2001.  

注意

pid に 0 を指定して clock_getcpuclockid() を呼び出して得られたクロック ID を引き数として clock_gettime(2) の呼び出すのは、 クロック ID CLOCK_PROCESS_CPUTIME_ID を使って clock_gettime(2) の呼び出すのと同じである。  

以下のサンプルプログラムは、 コマンドラインで指定された ID を持つプロセスの CPU 時刻のクロック ID を取得し、 clock_gettime(2) を使ってそのクロックの時刻を取得する。 以下は実行例である。

$ ./a.out 1                 # Show CPU clock of init process
CPU-time clock for PID 1 is 2.213466748 seconds
 

プログラムのソース

#define _XOPEN_SOURCE 600
#include <stdio.h>
#include <unistd.h>
#include <stdlib.h>
#include <time.h>

int
main(int argc, char *argv[])
{
    clockid_t clockid;
    struct timespec ts;

    if (argc != 2) {
        fprintf(stderr, "%s <process-ID>\n", argv[0]);
        exit(EXIT_FAILURE);
    }

    if (clock_getcpuclockid(atoi(argv[1]), &clockid) != 0) {
        perror("clock_getcpuclockid");
        exit(EXIT_FAILURE);
    }

    if (clock_gettime(clockid, &ts) == -1) {
        perror("clock_gettime");
        exit(EXIT_FAILURE);
    }

    printf("CPU-time clock for PID %s is %ld.%09ld seconds\n",
            argv[1], (long) ts.tv_sec, (long) ts.tv_nsec);
    exit(EXIT_SUCCESS);
}
 

関連項目

clock_getres(2), timer_create(2), pthread_getcpuclockid(3), time(7)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
バージョン
属性
マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)
準拠
注意
プログラムのソース
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:21 GMT, March 14, 2018