CATGETS

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2014-06-13
Index JM Home Page roff page
 

名前

catgets - メッセージカタログからメッセージを取り出す  

書式

#include <nl_types.h>

char *catgets(nl_catd catalog, int set_number, int message_number,
              const char *message);
 

説明

catgets() は catalog で指定されたメッセージカタログから、 セット set_number のメッセージ message_number を読み取る。 catalog は、 catopen(3) の呼び出しによって得られたカタログ ディスクリプターを指定する。 4番目の引数 message は、指定のメッセージカタログが現在利用できない 場合に catgets() が返すデフォルトのメッセージを指す。 メッセージテキストは内部のバッファー領域に格納されており、 保存や変更を行う場合にはアプリケーション側でコピーする必要がある。 返される文字列は常にヌルバイト ('\0') で終端される。  

返り値

成功した場合、 catgets() は内部のバッファー領域へのポインターを返す。 ここにはヌル文字で終端されたメッセージ文字列が格納されている。 失敗した場合は message を返す。  

属性

 

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

catgets() 関数はスレッドセーフである。  

準拠

POSIX.1-2001.  

注意

catgets() 関数は libc.so.4.4.4c 以降でしか使えない。 Jan 1987 X/Open Portability Guide では、エラーの時に 返される値により微妙な指定をしている。 catalog で指定されたメッセージカタログが利用できない場合は message を返し、一方メッセージカタログはあるが指定したメッセージがない場合は 空の文字列が返される。 SUSv2 ではこの二種類のエラーリターンは廃止され、 常に message を返すことにしたようである。  

関連項目

catopen(3), setlocale(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
属性
マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:21 GMT, March 14, 2018