BTOWC

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2011-09-22
Index JM Home Page roff page
 

名前

btowc - シングルバイトをワイド文字にコンバートする  

書式

#include <wchar.h>

wint_t btowc(int c);
 

説明

btowc() 関数は初期シフト状態から始まる長さ 1 のマルチバイトのシーケンスとして 解釈され、c をワイド文字にコンバートして返す。 cEOF もしくは長さ 1 の無効なマルチバイトシーケンスの場合、 btowc() 関数は WEOF を返す。  

返り値

btowc() 関数はシングルバイト c からコンバートされたワイド文字を返す。 cEOF もしくは長さ 1 の無効なマルチバイトシーケンスの場合、 btowc() 関数は WEOF を返す。  

準拠

C99, POSIX.1-2001.  

注意

btowc() の振る舞いは、現在のロケールの LC_CTYPE カテゴリーに依存する。

この関数は使用されるべきではない。状態(state)を持ったエンコードには使えず、 マルチバイトシーケンスとは違い、必ずしもシングルバイト を取り扱えるとは限らない。代わりに mbtowc() か、スレッドセーフな mbrtowc() を使用すること。  

関連項目

mbrtowc(3), mbtowc(3), wctob(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:21 GMT, March 14, 2018